日韓セミナー「文学と政治:18世紀フランスにおける哲学の発話」

来る2月22日から24日にかけて、京都で日韓セミナー「文学と政治:18世紀フランスにおける哲学の発話」が開催されます。日本・韓国・フランスから13名の18世紀研究者を集め、啓蒙の時代のフランス思想を「哲学を言うこと」とその政治性に焦点を当てて再検討しようとする研究会です。京都大学人文科学研究所(4回大会議室)で開催される22日・23日両日の研究会は、講演・質疑応答ともフランス語で行われますが、参加希望者は誰でも聴講が可能です。ご関心の向きはふるってご参加下さい。なお、本研究会は日本学術振興会の二国間交流事業(責任者・逸見龍生新潟大学教授)として行われます。

日韓セミナー「文学と政治:18世紀フランスにおける哲学の発話」

日時:
2019年2月22日(金) 13時30分-18時45分
2019年2月23日(土) 10時30分-17時45分
2019年2月24日(日) 11時00分-12時30分
会場:
京都大学 人文科学研究所 4階大会議室

問い合わせ先:
京都大学人文科学研究所075-753-6920/kentao@zinbun.kyoto-u.ac.jp