チベット・ヒマラヤ文明の史的展開の学際的研究

班長 岩尾 一史

チベット・ヒマラヤ地域と周辺諸文明との間における歴史的交流を通じて伝播したと考えられる社会システム・宗教・儀礼・言語などの交流史の諸相に関する研究成果を本共同研究班で学際的に集積し、それによってチベット・ヒマラヤ地域の文明の史的展開を多角的に分析し、ユーラシア世界におけるその位置づけの再評価を行なう。

7世紀以降、チベット・ヒマラヤ地域は周囲の先行文明の影響を受けつつ、独自の文明を展開させてきた。11〜12世紀に仏教を完全に消化して以降、より強固となったチベット文明は周辺文化と交流を繰り返しつつモンゴル〜東アジアにその影響力を伸張させた。さらに20世紀半ば以降もその発信力は欧米社会までにも影響を与えている。このような発信力と柔軟性をチベット文明は如何に獲得したのか、また周辺諸文明とどのように相克・調和してきたのか。その具体像を探るべく、多様な視点からチベットと他文明との相互接触の諸相を学際的に分析する。

班員
池田巧、稲葉穣、中西竜也