Posted カテゴリ お知らせ, 活動記録.

3/11(土)第24回研究会 ラウンドテーブル「近代と秘教ネットワーク:研究の今と未来」

日時:2017年3月11日(土) 午後2時〜5時

場所:京都大学人文科学研究所本館セミナー室1

使用言語:英語

このワークショップは、3月7、8日に民族学博物館(大阪千里)で開催されるカンファレンスを締めくくるもので、各参加者の現在進行中の研究について自由に話し合うためにラウンド・テーブル形式で開催されます。マルコ・パシからはイタリアの初期神智学(1890年代から1910年代)についての研究状況、ジョスリン・ゴドウィンからはジュリウス・エヴォラが率いたウル・グループの著作の英訳作業についての報告をいただく予定です。さらに、アメリカ最初のイスラム伝道者アレクサンダー・ラッセル・ウェッブと仏教との接点、ミラ・リシャールと日本の秘教的、政治的なコネクション、ロンドンでヨガと禅を教えたハリ・プラサド・シャストリなどについてもとりあげられます。

主催:共同研究「日本宗教史像の再構築」、神智学研究会(科研基盤研究(B)、26284054)

Round-table Workshop

Modernity and Esoteric Networks:Work in Progress and Future Directions

Date & Time : March 11, 2017, 2:00 pm-5:00 pm

Venue : Seminar room 1, Institute for Research in Humanities (Jinbunken), Kyoto University

Language : English

This workshop is a follow-up to the conference held on March 7~8 in the National Museum of Ethnology (Minpaku), Osaka and planned as a meeting for sharing and discussing each participant’s work in progress in a more relaxed atmosphere. Marco Pasi will talk about the early period of the theosophical movement in Italy (1890s-1910s) and Joscelyn Godwin will introduce his project of translating the papers by the UR Group led by Julius Evola. Other topics will include Alexander Russell Webb and Buddhism, the esoteric and political connections of Mirra Richard in Japan, and the case of Hari Prasad Shastri who taught yoga and Zen in London. We welcome those who are interested to know more about leading-edge research on modern esotericism in the West and the East.

(end)