国際シンポジウム「人文学の危機」と文学研究 いま文学理論に何ができるか

2016年7月31日日曜日13:00~18:00、京都大学人文科学研究所本館1F・セミナー室1にて、国際シンポジウム『「人文学の危機」と文学研究 いま文学理論に何ができるか』が開催されます。

国際シンポジウム「人文学の危機」と文学研究 いま文学理論に何ができるか

開催日時:
2016年7月31日(日) 13:00~18:00 

場所:
京都大学人文科学研究所本館1F・セミナー室1

講演者:
日高佳紀 (奈良教育大学)
  「谷崎潤一郎『文章読本』の射程と可能性」
リチャード・カリチマン (ニューヨーク市立大学)
  「時間とアイデンティティー:安部公房を読む」
アンヌ・パイヤール=坂井 (フランスINALCO)
  「流動的なプロセスとしてのテキスト-読む、読み返す、読み継ぐ、書く、流通させる」
ディスカッサント:
中村三春 (北海道大学)、岩松正洋 (関西学院大学)
司会:
大浦康介 (京都大学)


お問い合わせ先:
京都大学人文科学研究所 総務掛
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
TEL 075-753-6902
e-mail annai@zinbun.kyoto-u.ac.jp
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/