特別セミナー アフリカ・サブサハラ地域におけるジェンダー正義・宗教・女性器切除(FGM)をめぐって

2017年11月8日(火曜日)18:30-20:00、京都大学稲盛財団記念館3F 318号室にて、特別セミナー『アフリカ・サブサハラ地域におけるジェンダー正義・宗教・女性器切除をめぐって』が開催されます。

特別セミナー アフリカのジェンダー正義・宗教・女性器切除

開催日時:
11月8日(水曜日)18:30-20:00
開催場所:
京都大学稲盛財団記念館3F 318号室(アクセス
講演者:
ロガイア・ムスタファ・アブーシャラフ  ジョージタウン大学(カタール・キャンパス)人類学教授
コメンテータ:
中村 香子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
宮脇 幸生(大阪府立大学人間社会システム科学研究科)
司会:
田中 雅一(京都大学人文科学研究所)
使用言語:
英語
問い合わせ:
田中 雅一 shakti@zinbun.kyoto-u.ac.jp
主催:
京都大学人文科学研究所共同研究班「ウメザオ・スタディーズの射程」
共催;
人間文化研究機構基幹研究プロジェクト『現代中東地域研究』上智大学拠点
FMG/C研究会「<女子割礼/女性性器切除>の民族誌的研究 多様な選択肢とアフリカ女性の社会的地位」