目黒 杏子 助教 – Assistant Professor MEGURO, Kyoko

目黒 杏子

■ 学位
博士(歴史学)
■専門分野
中国古代史
■研究テーマ
秦漢時代の国家祭祀及び儀礼制度と習俗
■主たる講義科目
なし

業績一覧へ

秦漢期国家儀礼の研究

秦及び両漢王朝における国家儀礼について、儀礼の内容とその制度が体現する理念的な社会・政治秩序とその背景をなす思想や習俗、また儀礼の現実的な運営実態(官制も含む)を明らかにし、中国古代の皇帝支配において、儀礼が担っていた社会的文化的な機能や意義を研究する。
 より具体的には、これまでに行ってきた漢代の郊祀と封禅の制度、政治的構造や思想的背景の研究を基盤として、郊祀や宗廟、社稷、あるいは季節ごとの種々の祭礼を中心に構成される漢代国家儀礼の総体的体系的把握を目指すとともに、それらにおける、儒学説のみでは把握しきれない習俗的要素の介在状況を明らかにし、社会に根付く多様で豊かな習俗や観念を包括して形成された儀礼体系とその運営を通じて、皇帝支配の一面の具体的過程を追究していく。