福谷 彬 助教 – Assistant Professor FUKUTANI, Akira

福谷 彬

■ 学位
博士[文学](京都大学)
■専門分野
中国哲学史、儒教思想
■研究テーマ
南宋期道学の経書解釈
■主たる講義科目

業績一覧へ

南宋期道学の経書解釈

伝統中国における思想の表明は、しばしば古典の解釈という形をとった。「道学」と一括りにされる南宋期の儒学は実際には大きく立場を異にする多様な学派が含まれているが、このように発展を遂げた理由を彼らの経書解釈という点に着目して理解するのが私の方法である。複雑な成立過程を経ている儒教経典にもともと存在する不整合な箇所を道学者は巧みに調停した。この調停のための思考こそ彼らの哲学が生ずる現場だったのではないか。以上のような問題意識のもと、経書解釈と南宋道学の多様な思想的展開の関係を解明したいと考える。