岩井 茂樹 教授 – Professor IWAI, Shigeki

個人のHPへ

岩井 茂樹

■ 学位
文学博士(京都大学)
■専門分野
中国近世史、東アジア関係史
■研究テーマ
13世紀?20世紀中国の財政史研究、中国近世の法制と裁判文書研究、東アジアの朝貢と互市の研究
■主たる講義科目
17世紀東アジアにおける儀礼と通商(文学研究科)

業績一覧へ

近世中国の財政と社会

中国では早くから租税国家の成立をみた。国家がいわば「無産」であることによって ,普遍的な租税の徴収にもとづく公的な財政システムを発達させた。しかし,近代国家 の財政システムとは異なり,法定的な財政が国家の活動すべてを賄うわけではない。法 定的な財政の硬直性を補うものとして,種々の非法定的な課徴がおこなわれ,それは正 規の財政に匹敵するほどの規模があった。こうした財政の二重構造がつくりだす社会と 国家との間の緊張関係を理解することが課題である。