水野 直樹 教授 – Professor MIZUNO, Naoki

個人のHPへ

水野 直樹

■ 学位
文学博士(京都大学)
■専門分野
朝鮮近代史・東アジア関係史
■研究テーマ
植民地期朝鮮の支配政策と朝鮮社会の対応
■主たる講義科目
在外朝鮮人の近現代史(文学研究科)

業績一覧へ

近代朝鮮の政治と社会

近代朝鮮の歴史,特に日本統治期の歴史は日本と密接な関係があることはいうまでもない。一方,日本近代史を研究するにも,朝鮮との関係を視野に入れなければその全体像を解明することはできない。さらに,このような日本と朝鮮の関係は東アジアの構造にも規定されていた点を見逃すわけにはいかない。植民地期を中心とする近代朝鮮の政治と社会,その変容の過程を,朝鮮の内在的な歴史展開,日本の支配,そして東アジアの構造という観点から,明らかにすることに本研究の課題がある。日本側の資料(行政文書を含む)を利用するとともに,朝鮮語新聞など朝鮮側の資料をも活用することによって,多角的な視野からの研究をめざしている。