岡村 秀典 教授 – Professor OKAMURA, Hidenori

岡村 秀典

■ 学位
博士[文学](京都大学)
■専門分野
中国考古学
■研究テーマ
古代中国の考古学的研究
■主たる講義科目
漢鏡の研究(文学研究科/文学部共通)

業績一覧へ

古代中国の考古学研究

中国の古代は,新石器時代における農耕社会の出現以後,殷周古代王朝の成立から秦漢統一帝国へと展開し,中国を中心とする東アジア世界を形成する。本研究は,第一に,広大な中国の多様性に留意しながら,中国農耕社会の形成から古代都市への発展過程を社会考古学の方法論によってあとづけ,第二に,殷周・秦漢代の青銅器や玉器をはじめとする文物が東アジア世界でどのような意味をもっていたかを文化史的方法によって研究しようとするものである。