小野寺 史郎 助教 – Assistant Professor ONODERA, Shiro

小野寺 史郎

■ 学位
博士[学術](東京大学)
■専門分野
近代中国史
■研究テーマ
近代中国ナショナリズム研究
■主たる講義科目
基礎現代文化学購読V

業績一覧へ

近代中国ナショナリズム研究

私の研究の目的は、近代中国の各時期の政権が行った政治宣伝や動員などの政策面を細かに調査・研究することで、その国家統合と統治の正統性獲得のプロセスを解明することにある。近年の近代中国研究では、ナショナリズムは重要なテーマの一つとなっている。その諸相は例えば、関税自主権の回復による国民経済の確立、国民教育制度の設立、文字・言語の統一といった面から研究されてきた。しかしながら、これらのいわばマクロな諸相と並んで、ナショナリズム確立の過程においては、「国旗」や「記念日」などのミクロな政治シンボル・国家儀式も、民衆の日常の中で独自の重要な契機を担ってきた。こうした契機の解明が、私の主要課題である。