向井 佑介 准教授 – Associate Professor MUKAI, Yusuke 業績

著書

  • 2009 『京都大学所蔵古瓦図録Ⅲ(天沼俊一コレクション 中国・朝鮮篇)』(編著) 京都大学大学院文学研究科考古学研究室
  • 2008 『シルクロード発掘70年―雲岡石窟からガンダーラまで―』(共編) 臨川書店
  • 2006 『雲岡石窟』遺物篇(共著) 朋友書店

主要論文

  • 2016 「華北交通写真にみる日中戦争期の史跡調査」『京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真資料集成』論考編 国書刊行会 pp.153-171.
  • 2015 〈北魏懐朔鎮佛寺遺址研究〉(共著)《中国北方及蒙古、貝加爾、西伯利亜地区古代文化》中冊 北京:科学出版社 pp.754-759.
  • 2014 「墓中の神坐―漢魏晋南北朝の墓室内祭祀―」『東洋史研究』73-1 pp.1-34.
  • 2014 「北魏平城の瓦工房―大同西冊田遺址採集瓦の研究―」『洛北史学』16 pp.23-49.
  • 2013 「仏塔の中国的変容」『東方学報』京都88 pp.81-110.
  • 2013 〈河北省定州北魏石函出土遺物再研究〉(共著)《考古学集刊》19 pp.277-299.
  • 2013 〈三至六世紀東西文化交流的見証:南朝銅器的科技考古研究〉(共著)《南方文物》2013-1 pp.143-153.
  • 2012 「中国諸王朝と古墳文化の形成」『古墳時代の考古学7 内外の交流と時代の潮流』同成社 pp.57-72.
  • 2012 「中国における瓦の出現と伝播」『古代』129・130 pp.177-214.
  • 2012 「六世紀のソグド系響銅―和泉市久保惣記念美術館所蔵品の調査から―」(共著)『史林』95-3 pp.97-125.
  • 2012 〈北魏方山永固陵研究〉(共著)《日本東方学》2 北京:中華書局 pp.29-53.
  • 2012 「曹魏洛陽の宮城をめぐる近年の議論」『史林』95-1 pp.247-266.
  • 2011 「契丹の徙民政策と渤海系瓦当」『遼文化・慶陵一帯調査報告書2011』京都大学大学院文学研究科 pp.63-85.
  • 2011 「北魏平城時代の仏教寺院と塑像」『佛教藝術』316 pp.47-73.
  • 2010 「魏の洛陽城建設と文字瓦」『待兼山考古学論集Ⅱ』大阪大学考古学研究室 pp.57-76.
  • 2010 「北魏平城時代における墓制の変容」『東方学報』京都85 pp.133-177.
  • 2009 「北魏の考古資料と鮮卑の漢化」『東洋史研究』68-3 pp.128-140.
  • 2007 〈雲岡石窟寺的考古学研究〉(共著)《日本東方学》1 北京:中華書局 pp.23-38.
  • 2007 「北魏方山永固陵の研究―東亞考古学会1939年収集品を中心として―」(共編)『東方学報』京都80 pp.69-150.
  • 2006 「朝陽北塔考―仏塔と墓制からみた遼代の地域―」『遼文化・遼寧省調査報告書』京都大学大学院文学研究科 pp.177-222.
  • 2005 「押圧波状文平瓦の源流」『待兼山考古学論集―都出比呂志先生退任記念』大阪大学考古学研究室 pp.99-109.
  • 2005 「遼代皇帝陵の立地と構造」『遼文化・慶陵一帯調査報告書』、京都大学大学院文学研究科 pp.193-211.
  • 2004 「中国北朝における瓦生産の展開」『史林』87-5 pp.1-40.