中國宗教文獻研究

2007年2月 臨川書店 487頁 
ISBN 978-4-653-03933-4 ¥11.000

前言 高田時雄

第一部 佛教文獻

漢文大藏經の定義、時期區分およびその特徴 方 廣鞘
『佛典漢語詞典』の構想 辛嶋靜志
 日本の古寫經と中國佛教文獻─天野山金剛寺藏平安後期寫「録外-5」の成立と流傳を巡って 斎藤成也
洛州無影─『南海寄歸内法傳』中の一文に關する新考察   王邦維
經典の僞作と編輯─『遺教三昧經』と『舍利弗問經』 船山徹
地婆訶羅にかんする漢語史料 アントニーノ・フォルテ
『禪苑清規』にみる茶禮と湯禮 劉淑芬
唐代石刻に見える僧侶と經典─特に大藏經を中心として シルヴィオ・ヴィータ
 『法華經』における竺法護の翻譯の方法─第三章「譬喩品」を中心として─  ジャン=ノエル・ロベール

 

第二部 道教文獻

淨明道の祖師許遜にまつわる物語の再檢討 ジュディス・マギー・ボルツ
儀禮のあかり─陸修靜の齋における影響 フランシスクス・ヴェレレン
清代における金蓋山龍門派の設立と『金華宗旨』 モニカ・エスポジト
天空の文字─道教の符圖文獻とその分析  李遠國
靈寶「天文」信仰と古靈寶經教義の展開─敦煌本『太上洞玄靈寶眞文度人本行妙經』を中心に 王承文
道教類書と教理體系 麥谷邦夫
中國近世における目連傳承の展開 小南一郎

 

第三部 景教・マニ教・イスラム教文獻

漢文マニ教經典と漢文景教經典の巨視的比較  林悟殊
瓦礫の山から神を掘る──景教文獻と研究のイデオロギー マックス・デーク
唐代の佛・道二教から見た外道──景教徒 榮新江
『歸眞總義』──中央アジアにおけるその源流   濱田正美

索引
執筆者一覧