京都大学人文科学研究所70周年記念シンポジウム論集

狭間直樹 編  京都大学学術出版会 2001年2月 vii + 450頁 定価:5,200円

桑山 正進
実行委員会 序文

 

第1部 文明史

狭間 直樹 中国近代における帝国主義と国民国家――日本のアジア主義との関連において
石川 禎浩 近代東アジア”文明”圏の成立とその共通言語――梁啓超における「人種」を中心に
マリアンヌ=バスチド-ブルギエール 時間解釈と日本の影響――中国近代における過去・現在・未来の概念
ジョシュア・フォーゲル 中国における伝統の創造と日本の貢献――崔述の場合
王  暁秋 京師大学堂と日本

 

第2部 言語史

フェデリコ・マジーニ 宣教師が中国語に与えた影響について
荒川 清秀 近代中国語成立における日本語の役割――地理学用語を中心に
高田 時雄 トマス・ウェイドと北京官話の勝利
内田 慶市 欧米人の学んだ中国語――ロバート・トームの『意拾喩言』を中心に

 

第3部 文学史

金 文京 兪藷Cの文芸観
斎藤 希史 「近代文学」への認識と実践――梁啓超とその周辺
駱 玉明 古典と現代の間――胡適・周作人の中国新文学の起源説とその問題点
藤井 省三 香港アイデンティティの形成と李碧華文学

 

第4部 学術史

井波 陵一 王国維の国学――記憶よ,語れ
平田 昌司/td>

恋する陳寅恪――中国近代学術にとっての“異性”
坂元ひろ子 章炳麟における伝統の創造
桑 兵 東方考古学協会について
蘇 精 西方印刷術が中国に伝来した経緯と影響

 

第5部 科学史

杜 石然 西学の伝来と明清期の学術思想
馮 錦栄 中国知識人の西洋測量学研究――明末から清末における
真柳 誠 近代中国伝統医学と日本――民国時代における日本医書の影響
武田 時昌 明治期の洋算と和算

付録:プログラム
執筆者・コメンテイター・翻訳者・討論者・準備委員一覧
英文要旨
索  引