国際人類学民族学会議

[Japanese] [English]

目次

はじめに

京都会議
開会の挨拶 阪上孝
趣旨説明 竹沢泰子


第一部

1. 人種概念の普遍性を問うー問題提起 竹沢泰子
2. 「人種」は社会的構築物か生物学的リアリティか C・ローリング・ブレイス/瀬口典子
3. 人種よさらば 斎藤成也

司会コメント 片山一道


第二部 道教文獻

4. 19世紀ヨーロッパにおける人種と不平等ー身体と歴史 ロバート・ムーア (五十嵐泰正訳)
5. 北アメリカにおける人種イデオロギー オードリー・スメドレー (山下淑美訳)
6. 帝国日本の人種および人種主義 冨山一郎

司会コメント 渡辺公三


第三部

7. 人種主義と部落差別 黒川みどり
8. 植民地主義、カースト、人種という神話 インドの社会通念と西洋科学の
相互作用についての歴史的視座
サブハードラ・チャンナ (工藤正子訳)
9. 人種主義的アフリカ観の残影-「セム」「ハム」と「ニグロ」 栗本英世

司会コメント 田中雅一


第四部 全体討議

全体コメント 山室信一、松田素二
質疑応答


Table of Contents

Preface

IRH and IUAES 2002, Kyoto Symposium
Welcome Address Sakagami Takashi
Yasuko Takezawa


Part1

1.Is Race a Universal Idea?: Issues and Challenges Yasuko Takezawa
2’Race’: Social Construct vs. Biological Reality C. Loring Brace and Noriko Seguchi
3. Farewell to Races Naruya Saitou

Comments  Kazumichi Katayama


Part II

4. Race and Inequality in 19th century Europe: human bodies and human history Robert Moore
5. Race Ideology in North America Audrey Smedley
6.Race and Racism in Imperial Japan Ichiro Tomiyama

Comments Kozo Watanabe


PartIII

7. Racism and Buraku Discrimination (Discriminated Hamlet) in Japan Midori Kurokawa
8.Colonialism, Casteism and the Myth of Race: A Historical Perspective on the
Interaction of Indian Beliefs and Western Science
Subhadra Channa
9. The Residue of Racist Images of Africa: ‘Semitic’, ‘Hamitic’and ‘Negro’ Configuration in North East and East Africa Eisei Kurimoto

Comments Masakazu Tanaka


Part IV Discussion

Comments Shin’ichi Yamamuro,Motoji Matsuda
Discussion


IUAES 2002, Tokyo Symposium

1. What is the ‘race’ concept for Japanese biological anthropologists? Kazumichi Katayama
2. Historical View of Chinese Concept of Race Hiroko Sakamoto

Comments Akira Tagaya