「三教交渉論叢」 麥谷邦夫 編

六朝靈寶經に見える葛仙公 神塚淑子
六朝後半期における科戒の成立 ―上清經を中心に― 都築晶子
六朝から唐の道教文獻に見られる夷狄と外道 山田俊
『道教義樞』と南北朝隋初唐期の道教教理學 麥谷邦夫
『五老寶經』小考 垣内智之
成玄英の「道」の再考 孫路易
道教における「本然の性」と「氣質の性」―二つの「性」と「神」をめぐっ て― 横手裕
道教の功徳儀禮の科儀について ―臺南市の一朝宿啓の功徳儀禮を例として― 山田明廣
聖者觀の二系統 ―六朝隋唐佛教史鳥瞰の一試論― 船山徹
『究竟大悲經』における衆生觀と太極 池平紀子
『劉子』と劉晝 龜田勝見
唐代士人の儒佛論に關する一考察 ―合一の思考と辨別・排斥の思考― 藤井京美
韓愈の排佛論と師道論 古勝隆一
道佛宗教者の出生の不思議 ―あるいは神話と傳記― 佐野誠子
敦煌の孝子傳 小南一郎
李商隱を茅山に導きし者 ―從叔李褒 深澤一幸
蘇東坡の信仰 宇佐美文理
南宋における儒佛道三教合一思想と出版―王日休「龍舒淨土文」と「速成法」 を例として― 金文京
内丹劇初探 ―蘭茂『性天風月通玄記』― 秋岡英行
求子之道と占星術 嚴善炤