公開講演会「症状、主体の分裂、資本主義のディスクール」

2013年10月24日木曜日、18時00分-20時15分、京都大学人文科学研究所本館4階大会議室にて、精神分析家で元パリ第8大学教授ピエール・ブリュノ氏の公開講演会「症状、主体の分裂、資本主義のディスクール」を開催致します。2010年の出版以来フランスで注目され続けている著書『ラカン、マルクスのパサー』に沿って、資本主義の「出口」としての精神分析の可能性を探る試みです。ふるってご参加ください。

公開講演会「症状、主体の分裂、資本主義のディスクール」

講演者:
ピエール・ブリュノ氏
(ジャック・ラカン精神分析協会会員)

主催:
立木康介 (京都大学人文科学研究所)
※通訳有・入場無料(予約不要)