第7回 TOKYO 漢籍 SEMINAR 総合テーマ「俗書の啓蒙力」

於 学士会館2階 210号室

第7回TOKYO漢籍SEMINAR総合テーマ「俗書の啓蒙力」

日時

2011年9月2日(金)10時30分から16時まで

会場

学士会館2階 210号室(千代田区神田錦町3丁目28番地)

プログラム

10:30~10:45 開会挨拶 麥谷 邦夫(センター長、人文科学研究所教授)
10:45~12:00 講演「書儀-中世の文章作成マニュアル」 永田 知之(センター助教)
12:00~13:10 休憩
13:10~14:25 講演「善書-華僑・華人の人生訓」 山崎 岳(センター助教)
14:25~14:40 休憩
14:40~15:55 講演「日用類書-庶民生活の科学知識」 武田 時昌(センター教授)
15:55~16:00 閉会挨拶

司会:古勝 隆一(人文科学研究所准教授)

今回の概要

 書物の読まれ方は様々である。大儒の哲学者や文学作品の傑作が、当初から多くの読者を獲得したわけではない。その逆に、通俗的な雑駁な内容でも、当時の知識人や庶民に親しまれた一群の書物がある。とりわけ、指南書、教訓書、啓蒙書は、読者に実用的で役立つ情報、生き抜く知恵を提供し、ハッピーライフに欠かせないアイテムだった。
 時を超えて輝く大著、名作に比べてずっとマイナーな存在であるが、社会啓蒙という立場から見れば、むしろ特徴的な中国的思考をそこに窺うことができる。
 本年度のセミナーは、漢籍のなかの俗書にスポットを当て、その内容的特色を紹介しながら、世俗における「知」の諸相を探る。

参加定員

200名(申込順) *定員を超えた場合はお知らせします。

申込及び問合せ先

参加を希望される方は、「漢籍セミナー申込み」と明記し、氏名・所属・連絡先(住所・電話番号・E-mailアドレス)等をご記入の上、下記宛先へはがき(E-mail又はFAX可)にてお申し込み下さい。折返し参加可否のご連絡をはがきにて差し上げます。
*参加申込書のサンプルはこちら(E-mailの場合ご記入の上、添付してお送り下さい)

京都大学人文科学研究所 附属東アジア人文情報学研究センター
〒606-8265 京都市左京区北白川東小倉町47
TEL 075-753-6997/FAX 075-753-6999
E-mail : kanseki-tokyo@zinbun.kyoto-u.ac.jp