合同セミナー「冷戦初期の科学と権力~ソヴィエト遺伝学の大転換をめぐって~」

2012年2月8日水曜日、11時00分-13時00分、立命館大学衣笠キャンパス創思館4階411にて、合同セミナー「冷戦初期の科学と権力~ソヴィエト遺伝学の大転換をめぐって~」(共催:「科学の参謀本部-ロシア/ソ連邦/ロシア科学アカデミーの総合的研究-」(研究代表者:市川浩)・立命館大学グローバCOE「生存学」創成拠点/立命館大学生存学研究センター・京都大学人文科学研究所共同研究班「生命知創成に向けたプラットフォームの構築」(班長:小林傳司))が開催されます。

合同セミナー「冷戦初期の科学と権力~ソヴィエト遺伝学の大転換をめぐって~」

講演者:キリル・ロシヤーノフ
コメント:藤岡毅(同志社大学嘱託講師)

問い合わせ先:
立命館大学人文社会リサーチオフィス内
生存学研究センター事務局
E-mail:ars-vive@st.ritsumei.ac.jp
TEL:075−465−8475
※ 聴講無料・言語:英語(通訳有)