スワーミー・アーナンダ師の講演「ヨーガとは何か、その目的と方法」

※このイベントは終了しています。多数のご参加ありがとうございました。

スワーミー・アーナンダ師

4 月 24 日 (火曜) 午後5時より
京都大学人文科学研究所本館
大会議室(東大路一条西北角)

来聴歓迎 入場無料

(申し込みは不要です。直接ご来場ください。なお講演は英語で行われますが、通訳がつきます。)

スワーミー・アーナンダ師は、過去 20 年間にわたり、世界のさまざまな場所で、本当の自分(真我)を発見し人生の質を高めるための伝統的な方法について、講演をされてきました。インドにおいて は、こうした探求がいつもなされてきており、スワーミー・アーナンダ師ご自身も、 30 年以上にわたって、導師マー・バーヴァマイー・パラマハンサのもとで修行を積んでこられました。スワーミー・アーナンダ師は、自らのご経験から自信をもっ て、伝統的な方法は現代社会においても効果があるとおっしゃいます。

現在、スワーミー・アーナンダ師は、ディヴャダーム・ヨーガアーシュラムの院長を務めておられ、導師の教えと理念を、生きた伝統として守り続けておられま す。

今回の講演では、「ヨーガとは何か-その目的と方法」と題し、師資相承の伝統のなかでつたわってきた、ヨーガの理念と実践について、お話いただきます。