戦前日本在住朝鮮人関係新聞記事検索
1868−1945

該当件数は、86 件です。

現在、1件目から 86件目を表示しています。

  1. 『日韓併合の結婚/花婿は朝鮮、花嫁は広島』 中国 1910/9/11 〔〕 広島・広島 【社会】

  2. 『朝鮮上下の歓喜/聖旨畏こく鮮人感激す(梨本宮方子との結婚)』 中国 1916/8/4 〔〕 ・ 【社会】

  3. 『<京大便り>読史会の卒業論文紹介(法学士・李範章の講演「朝鮮の結婚」)』 大阪朝日 1918/6/25 京附 〔1/2〕 京都左京区・京都 【学生】

  4. 『内鮮融和を妨げる不可解な結婚法/至急に改正せねばならぬ』 神戸新聞 1921/2/12 〔6/3〕 東京・東京 【融和】

  5. 結婚費用詐取の訴へ/鮮人同士で(岸和田紡績春木分工場人事監督)』 大阪毎日 1922/2/15 〔11/10〕 岸和田・大阪 【社会】

  6. 『鮮人従業員の為めに結婚の媒介や内職のお世話までする東京市電共済会』 京城日報 1922/5/2 〔2/6〕 東京・東京 【融和】

  7. 『福岡県で/内鮮結婚/結果は良好』 大阪朝日 1922/10/14 鮮満 〔〕 ・福岡 【社会】

  8. 『内鮮人の結婚激増/大阪府の在阪鮮人しらべ』 大阪毎日 1924/1/31 夕 〔2/1〕 大阪・大阪 【社会】

  9. 『争ひの原因は掠奪結婚/相愛会の傷害事件』 大阪毎日 1925/2/7 夕 〔2/7〕 大阪・大阪 【社会】

  10. 『<三条から>(コラム、日朝結婚関連)』 大阪朝日 1925/3/12 京附 〔1/3〕 ・京都 【社会】

  11. 『恋に日鮮の隔てはない/十七娘の熱情(川端通荒神橋。朝鮮人少年と大阪に駆け落ちした少女は正式な結婚を親に申し出。母親は拒絶、大阪府警察部に保護説諭方願い出)』 京都日出 1925/6/4 〔〕 京都左京区・京都 【社会】

  12. 『死刑を予期して獄舎で結婚式/市ケ谷刑務所に繋がれてゐる某重大事件の被告』 京城日報 1925/11/21 夕 〔2/4〕 東京新宿区・東京 【社会】

  13. 『朴とふみの獄中結婚愈よ許可さる/公判は来年に延期』 神戸新聞 1925/12/4 〔8/9〕 東京・東京 【アナキズム】

  14. 『朴列と金子文子/はかない結婚/獄中で正式に手続きした/但し面会も許されぬ』 京都日出 1925/12/5 〔3/2〕 東京・東京 【アナキズム】

  15. 結婚は許可するが朴と文子は会さぬ』 神戸新聞 1925/12/5 〔8/4〕 東京・東京 【アナキズム】

  16. 『最大の侮辱だと朴精神鑑定を拒む/獄中の結婚式は罷りならぬと当局の意向』 京城日報 1925/12/6 夕 〔2/8〕 ・東京 【アナキズム】

  17. 『朴烈と文子の獄中結婚式/握手ぐらゐの処で漸く許さる』 京城日報 1925/12/7 夕 〔2/2〕 ・東京 【アナキズム】

  18. 『朴と文子の結婚は虚』 京城日報 1925/12/8 〔3/9〕 東京新宿区・東京 【アナキズム】

  19. 『朴が結婚説を否認/誰かの宣伝だと声明』 神戸新聞 1925/12/8 〔8/3〕 東京・東京 【アナキズム】

  20. 『朴烈の結婚は全く無根/本人が打消す』 福岡日日 1925/12/8 〔1/3〕 東京・東京 【アナキズム】

  21. 『鑑定書の落ち度から/朴夫妻の判決遅る/文子と結婚した元栄/血族と知れて狂死した』 京都日出 1926/3/9 〔〕 東京・東京 【アナキズム】

  22. 『獄舎で結婚/朴烈と文子の正式結婚/死刑宣告の前日届出ずみ』 京城日報 1926/3/31 夕 〔2/2〕 東京新宿区・東京 【アナキズム】

  23. 『最後の望み叶って獄中で正式に結婚す/恩命を前に朴烈と金子文子/届出即日受理さる』 中国 1926/4/1 〔〕 ・東京 【アナキズム】

  24. 『嫁入支度に鮮人女が万引(大丸呉服店。ショールを結婚仕度にしたかったと供述)』 大阪朝日 1926/11/25 京滋 〔3/13〕 京都・京都 【社会】

  25. 『岸和田の朝鮮村で/純朝鮮式の結婚/内鮮の見物で人の山』 大阪朝日 1926/12/2 朝鮮朝日 〔〕 岸和田・大阪 【社会】

  26. 『突如解禁/怪文書の正体/事実上の結婚を行ひ妊娠の結果堕胎致死/朴烈文子事件』 京城日報 1927/1/21 夕 〔1/5〕 ・ 【アナキズム】

  27. 『自称子爵の息は朝鮮人詐欺師/司法官と称し女教諭と結婚した詐欺の大天才』 京城日報 1927/4/3 〔7/7〕 東京板橋区・東京 【社会】

  28. 結婚したのでやきもちを焼き/若者二人して暴行(岩倉村字花園、日本人女性と結婚した朝鮮人を日本人青年が)』 大阪朝日 1927/7/5 京滋 〔9/5〕 京都左京区・京都 【社会】

  29. 『女房に逃げられ金で示談(岩倉村字花園。朝鮮人と結婚した日本人女性は、嫉妬した2名が家を襲撃した事件を契機に逃亡。結婚時に朝鮮人が払った金を返して示談)』 大阪朝日 1927/7/8 京滋 〔9/6〕 京都左京区・京都 【社会】

  30. 『岸和田の方面委員に/全氏が選ばる/泉南女校出身の才媛と/正式結婚をした青年紳士』 大阪朝日 1927/11/17 朝鮮朝日 〔〕 岸和田・大阪 【社会】

  31. 『内鮮融和の/美しい結婚/泉南校の祝歌』 大阪朝日 1927/11/19 朝鮮朝日 〔〕 岸和田・大阪 【社会】

  32. 『女のとり引き(田中玄京町、朝鮮人同士の喧嘩。身内の女性の結婚仲介をめぐり)』 大阪朝日 1928/2/10 京版 〔6/13〕 京都左京区・京都 【喧嘩】

  33. 『三人で強談(三条千本、朝鮮人同士。土方らがパン屋に乗り込む。土方が連れてきた女性に結婚を世話したことから)』 大阪朝日 1928/8/18 京版 〔9/10〕 京都中京区・京都 【喧嘩】

  34. 『子を棄てる藪なく水溜に投棄/乱暴な結婚が生んだ惨酷極まる亭主の仕業(七条新高倉止宿の朝鮮人土方、妻の連れ子を大阪府三ヶ牧村に連れ出し殺害を図る)』 大阪朝日 1928/9/22 京版 〔9/8〕 京都下京区、高槻・京都、大阪 【社会】

  35. 『冷たい家庭と生活に窮して/若い女ぬすむ(梅津村。朝鮮人と結婚した日本人女性)』 大阪朝日 1929/5/8 京版 〔9/9〕 京都右京区・京都 【社会】

  36. 『鮮人夫婦の結婚式/門司では最初の神前結婚(門司)』 門司新報 1929/10/1 〔1/5〕 北九州・福岡 【社会】

  37. 『日鮮結婚の奨励を始め民族差別撤廃を叫ぶ/朝鮮人団体聯合会創立大会(市内13団体が参加した朝鮮人団体京都連合会)』 大阪朝日 1930/1/16 京版 〔9/5〕 京都・京都 【融和】

  38. 『世帯道具を買ふため盗む/結婚した男(加佐郡中筋村の朝鮮人)』 大阪朝日 1930/1/31 京版 〔9/9〕 舞鶴・京都 【社会】

  39. 『鮮人の略奪結婚/郷里から遥々来神した娘が嫌った/醜男の未練』 神戸新聞 1930/5/9 夕 〔2/9〕 神戸・兵庫 【社会】

  40. 『数名の土工とゝもに少女を奪って帰り、監禁して結婚祝ひ/準備中を葺合署員に捕る』 神戸又新日報 1930/5/9 夕 〔2/4〕 神戸・兵庫 【社会】

  41. 『略奪結婚を乗せて自動車警察へ飛び込む/3人の洋服男に誘拐されかかった美人鮮女危く救はる』 神戸新聞 1930/10/13 〔7/8〕 神戸・兵庫 【社会】

  42. 『内、鮮人の結婚を/民法で制定せよ/今明両日若松で開催の/県下九市戸籍協議会』 大阪毎日 1931/6/18 北九州 〔9/5〕 ・福岡 【社会】

  43. 『内鮮人間の『結婚紹介所』/大阪朝鮮人協会で新設』 大阪毎日 1931/6/22 〔2/5〕 大阪・大阪 【融和】

  44. 結婚厭さに娘の投身自殺/自宅付近の溜池で/芦屋署から検視』 神戸又新日報 1931/9/21 〔7/9〕 芦屋・兵庫 【社会】

  45. 『娘をたねに結婚詐欺を働く(田中西河原町、朝鮮人失業者を検挙)』 大阪朝日 1931/11/24 京版 〔3/13〕 京都左京区・京都 【社会】

  46. 『数名で押しかけ/女と母親を掠奪/思ひをかけた女が/結婚に応ぜぬため』 中国 1932/1/29 〔〕 広島・広島 【社会】

  47. 『伜の結婚から金と大格闘/互ひに疵つき姫路署へ』 神戸又新日報 1932/3/3 〔4/11〕 姫路・兵庫 【社会】

  48. 『稚児ヶ淵心中/男が鮮人なるが故に結婚を許されぬ二人』 神戸新聞 1932/5/22 〔7/10〕 京都・京都 【社会】

  49. 結婚費に窮し自殺を企つ/生命危篤(中山製釘所職工)』 大阪朝日 1932/12/3 阪神 〔5/10〕 尼崎・兵庫 【社会】

  50. 『家宅捜索で知る夫の奇怪な素性/大学生と偽り結婚、堂々法律事務所を設く』 大阪朝日 1933/2/9 夕 〔2/2〕 大阪・大阪 【社会】

  51. 『内鮮融和は「結婚」から/内鮮懇談会』 大阪朝日 1933/7/2 広島 〔〕 尾道・広島 【融和】

  52. 『朝鮮人に恋した十九娘の純愛/警察の仲立で正式結婚(筒川村、飴行商人と駆落)』 大阪朝日 1933/8/11 京版 〔5/7〕 与謝郡伊根・京都 【社会】

  53. 結婚を拒まれ暴れ込む/白昼酒を呷り出刃を揮ふ(宇治村字六地蔵、双方朝鮮人)』 大阪朝日 1933/9/22 京版 〔10/13〕 宇治・京都 【喧嘩】

  54. 結婚詐欺鮮人捕はる』 福岡日日 1934/3/4 〔1/3〕 久留米・福岡 【社会】

  55. 『美くしい鮮人の妻を/めぐる三角恋愛!/結婚した亭主をきらふて/仇し男と添せて呉れ(可部町)』 芸備日日 1934/3/24 〔〕 広島・広島 【社会】

  56. 『一家六人心中/内鮮結婚を容れられず/妻女のみ虫の息にて/北区で』 大阪毎日 1934/6/2 夕 〔2/7〕 大阪・大阪 【社会】

  57. 結婚式場に暴れ込む/失恋の男(桂春日町)』 大阪朝日 1934/11/22 京版 〔10/13〕 京都西京区・京都 【喧嘩】

  58. 『内鮮融和の明朗結婚/結納も既に取交し目出度い式の日を待つばかり』 大阪毎日 1935/1/20 阪神 〔6/13〕 泉佐野・大阪 【社会】

  59. 『萩の青年宿に/多い内鮮結婚』 大阪朝日 1935/3/26 南鮮 〔〕 萩・山口 【社会】

  60. 『嫁のことで暴行(西の京原町。友人に、その妹との結婚を拒絶され)』 大阪朝日 1935/6/24 京版 〔8/15〕 京都中京区・京都 【喧嘩】

  61. 結婚略取事件/両名に懲役求刑(大阪の朝鮮人職工、女工を京都伏見区に誘拐。幇助の男も問罪。京都地裁)』 大阪朝日 1935/12/25 京版 〔9/13〕 京都伏見区、大阪東淀川区・京都、大阪 【犯罪】

  62. 結婚三日目に家を飛出す/手を焼かす馬の脚』 神戸又新日報 1936/2/13 〔3/9〕 京都・京都 【社会】

  63. 『半島同胞が初めて神前結婚/緑りの築山神社で』 大阪毎日 1936/5/20 山口 〔5/5〕 山口・山口 【社会】

  64. 結婚話に悩む/絶命した女には許嫁があった/一の谷心中男の陳述』 神戸新聞 1936/8/6 〔7/7〕 神戸・兵庫 【社会】

  65. 『盗んだ結婚調度品をトラックで運ぶ/女給を見受けする金に困り/仮面の鮮人荒稼ぎ(御影)』 神戸新聞 1936/12/9 〔6/5〕 神戸・兵庫 【社会】

  66. 結婚にもこの手/借金を払わせる為不敵な女/詐欺罪で送局さる(林田)』 神戸新聞 1937/2/3 〔6/10〕 神戸・兵庫 【社会】

  67. 『半島人最初の/内地式神前結婚/大阪で日本初めての式』 北國 1937/2/26 〔7〕 ・大阪 【融和】

  68. 『景気の春に恵まれ半島青年結婚行進曲/二月から約五十名が妻帯』 大阪毎日 1937/3/19 北九州 〔5/10〕 門司・福岡 【社会】

  69. 『蕃習・略奪結婚/工場帰りの娘を遨し不埒な半島男二人(須磨)』 神戸又新日報 1937/4/21 〔3/4〕 神戸・兵庫 【社会】

  70. 『人妻を無理に結婚さす(姫路・日之出紡績)』 神戸又新日報 1937/4/27 〔2/2〕 姫路・兵庫 【社会】

  71. 『『日の丸』の下忠誠誓ふ結婚式/半島出身の新郎新婦/節約した費用は国防へ献金』 大阪毎日 1938/8/25 夕 〔2/6〕 大阪・大阪 【融和】

  72. 『(婦人相談)半島の青年と恋仲/親は結婚を許さぬ/確な青年かよく調べて』 神戸新聞 1938/9/8 〔4/8〕 神戸・兵庫 【社会】

  73. 『恥かし高島田 協和会熱田支部の会員が 純内地式の結婚式』 新愛知 1938/10/16 〔 〕 ・愛知 【】

  74. 『平安神宮で華燭の典/半島出身のインテリ(神前結婚)』 大阪朝日 1939/2/14 京版 〔5/12〕 京都左京区・京都 【融和】

  75. 『半島出身者が模擬神前結婚式』 新愛知 1939/6/16 〔〕 ・愛知 【】

  76. 『内鮮一体は神前結婚から/模擬結婚式』 中外日報 1939/6/27 〔3/8〕 名古屋・愛知 【融和(協和会を含む)】

  77. 『半島人の旧憤破り/福井西別院で仏前結婚式』 中外日報 1939/6/30 〔3/9〕 福井・福井 【社会】

  78. 結婚披露宴節約/半島同胞の献金/各方面へ五百圓を投出す』 北國 1940/7/14 夕 〔2〕 金沢市・石川 【献金】

  79. 『聖汗奉仕と結婚改善/福山市内の朝鮮出身者』 呉 1940/11/28 〔〕 ・広島 【融和】

  80. 『粋な社長さんの命令/朝鮮青年も内地式結婚を(東九条石田町、金君玉(砥石会社社長)が職工どうしの結婚式に)』 京都日出 1941/3/9 夕 〔〕 京都南区・京都 【融和】

  81. 『旧習は一擲だ/協和会員の神前結婚(西院春日神社)』 京都日出 1941/3/29 〔〕 京都右京区・京都 【融和】

  82. 『「白衣」から「紋付・振袖」へ/新体制・半島同胞初の神前結婚式(西院春日神社)』 大阪朝日 1941/3/30 京版 〔6/7〕 京都右京区・京都 【融和】

  83. 結婚も内地式に/半島出身者も紋付と高島田(西院春日神社)』 京都日出 1941/3/31 夕 〔〕 京都右京区・京都 【融和】

  84. 『楚々たる朝鮮服で/若き半島人の神前結婚(平安神宮)』 大阪朝日 1941/7/29 京版 〔4/9〕 京都左京区・京都 【社会】

  85. 『照空燈(純日本式の“神前結婚”)』 大阪毎日 1943/4/8 北九州 〔4/6〕 若松・福岡 【融和】

  86. 結婚は満期後だ/断然踏止り半島鶴嘴戦士(三井田川鉱業所第三鉱)』 大阪毎日 1944/1/28 筑豊 〔4/4〕 田川市・福岡 【融和】

[検索画面に戻る][新規検索]

水野直樹トップページへ