戦前日本在住朝鮮人関係新聞記事検索
1868−1945

該当件数は、1339 件です。

現在、1件目から 100件目を表示しています。

  1. 『韓国留学生汽から飛降る』 萬朝報 1905/5/2 〔3/5〕 川崎・神奈川 【交通事故】

  2. 『怪しき朝鮮人/副統監搭乗列に乗込む』 萬朝報 1910/9/29 〔3/5〕 横浜・神奈川 【社会】

  3. 『朝鮮の苦学生(新麩屋町孫橋、人力夫の免許取得)』 京都日出 1910/12/22 〔〕 京都左京区・京都 【留学】

  4. 『朝鮮人の苦学生(新麩屋町孫橋、人力夫の免許取得)』 大阪朝日 1910/12/22 京附 〔2/6〕 京都左京区・京都 【留学】

  5. 『鮮人掌(京電の姜在宇。兄は鐘紡下京工場勤務)』 京都日出 1913/12/13 〔7/2〕 京都下京区・京都 【労働】

  6. 『朝鮮人気絶(夫)』 萬朝報 1914/5/15 〔3/7〕 東京・東京 【交通事故】

  7. 『朝鮮人の自動運転手/日本ではコレが最初』 大阪毎日 1916/7/1 〔11/8〕 京都・京都 【社会】

  8. 『鮮人の電怪我』 神戸又新日報 1917/2/1 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  9. 『電で大怪我/鮮人職工の奇禍(神戸製鋼所)』 神戸新聞 1917/9/3 〔7/10〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  10. 『同盟罷工の朝鮮女工、汽で誘拐さる』 神戸新聞 1918/4/3 〔6/22〕 神戸・兵庫 【社会】

  11. 『鮮人電で暴れる(金毘羅倶楽部内仲仕)』 神戸又新日報 1918/4/26 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【社会】

  12. 『荷と共に倒さる(市電営所道停留所付近。市電と接触した荷の朝鮮人(煉瓦工場雇人)が負傷)』 京都日出 1918/7/3 夕 〔2/8〕 京都伏見区・京都 【交通事故】

  13. 『鮮人配達人の怪我(荒神口寺町、牛乳配達人が自転で市電と接触)』 京都日出 1918/8/21 〔3/4〕 京都上京区・京都 【交通事故】

  14. 『命懸けで労働者の争奪/恐慌を感じて居る朝鮮事業界/自動迄持出して縦横に活動/見付かつたら半殺しになる』 京城日報 1918/10/20 〔2/8〕 ・全国 【渡航】

  15. 『電で絶命/病みし朝鮮人』 神戸新聞 1918/11/2 〔7/10〕 神戸・兵庫 【社会】

  16. 『電内で頓死/感冒を病むだ鮮人』 神戸又新日報 1918/11/2 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【社会】

  17. 『鮮人電に刎ね飛ばさる(伏見街道二の橋、京阪電軌道を通行中の2名。川底に墜落し負傷)』 京都日出 1919/1/18 〔2/6〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  18. 『川底に墜落した二名の朝鮮人/何れも負傷(京阪電二の橋踏切、電を避けようとして)』 大阪朝日 1919/1/18 京附 〔2/2〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  19. 『緩急=朝鮮人より見たる日本人(上)=朝鮮人韓世復』 新愛知 1919/1/31 〔〕 ・愛知 【】

  20. 『緩急=朝鮮人より見たる日本人(下)=朝鮮人韓世復』 新愛知 1919/2/1 〔〕 ・愛知 【】

  21. 『緩急=韓世復に与へて自ら省る(上)=悠々生』 新愛知 1919/2/2 〔〕 ・愛知 【】

  22. 『緩急=韓世復に与へて自ら省る(下)=悠々生』 新愛知 1919/2/3 〔〕 ・愛知 【】

  23. 『偽大学生の検挙/川端署で取調中(京大構内で朝鮮人学生の自転を盗むなど)』 大阪朝日 1919/4/6 京附 〔2/2〕 京都左京区・京都 【犯罪】

  24. 『列掌室に投石/鮮人の仕業か(吉浦道路工事の土工)』 大阪朝日 1919/5/31 広島 〔〕 呉・広島 【社会】

  25. 『停場にて鮮人の分娩』 門司新報 1919/8/7 〔1/5〕 下関・山口 【社会】

  26. 『在京鮮人の取調べ/果して犯人と連絡あるか/自動三台を飛ばして疾風迅雷的の大調査』 神戸又新日報 1919/9/4 〔7/7〕 東京・東京 【民族運動】

  27. 『<浮世草紙>鮮人の盗み(洛北松ヶ崎村、東洋ラミー織布職工。会社の自転を)』 大阪朝日 1919/9/22 京附 〔1/12〕 京都左京区・京都 【社会】

  28. 『特急列に投石す/鮮人の所為か/乗客一名負傷す』 大阪毎日 1919/10/28 〔3/15〕 袋井・静岡 【社会】

  29. 『鮮人電で重傷』 神戸新聞 1919/12/9 〔6/7〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  30. 『日鮮の自転泥』 神戸又新日報 1919/12/16 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【社会】

  31. 『怪鮮人自殺を図る/進行中の列から滑り落つ』 大阪毎日 1919/12/31 〔7/7〕 浜松・静岡 【社会】

  32. 『朝鮮人飛損ず/電から辷って大怪我』 神戸新聞 1920/3/26 〔6/6〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  33. 『広島駅構内で売子/機関に轢き倒さる/線路内に飛下りた所を/生命覚束なし』 中国 1920/4/10 〔〕 広島・広島 【労働災害】

  34. 『新代議士の自動鮮人を轢く』 萬朝報 1920/5/13 夕 〔2/9〕 東京・東京 【交通事故】

  35. 『李王世子の御馬に爆弾を投ぜんとしたる不逞鮮人の公判開廷』 神戸又新日報 1920/7/7 〔7/4〕 東京・東京 【民族運動】

  36. 『徐相漢は懲役四年/垠殿下御馬へ爆弾/陰謀を企てし不逞鮮人』 神戸又新日報 1920/7/21 〔7/7〕 東京・東京 【民族運動】

  37. 『列の転覆を企つ/新宮隧道入口に数本の材木放置/朝鮮人夫の反感的陰謀か(吉浦道路工事)』 中国 1920/8/1 〔〕 呉・広島 【警備】

  38. 『自動鮮人を轢く』 神戸又新日報 1920/8/3 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  39. 『鮮人人夫轢る(吹田操場工事請負橋本組人夫)』 大阪毎日 1920/8/18 〔7/9〕 吹田・大阪 【労働災害】

  40. 『(市井百態)自動(朝鮮人所有)』 神戸又新日報 1920/8/25 〔6/11〕 神戸・兵庫 【社会】

  41. 『奔馬児童を傷く/鮮人の馬挽(門司)』 九州日報 1920/8/29 〔1/5〕 北九州・福岡 【交通手段】

  42. 『大賑ひで東京入り/米国議員団の一行/列中の鮮人学生』 大阪朝日 1920/9/3 〔7/3〕 東京・東京 【民族運動】

  43. 『陰謀鮮人に脅かされて米議員団入京/東京駅付近の厳重な警戒/列に乗込んだ一鮮人』 大阪毎日 1920/9/3 〔7/3〕 東京・東京 【民族運動】

  44. 『一行の列に朝鮮学生/乗込み神田男に応対す』 京城日報 1920/9/4 〔5/4〕 東京・東京 【警備】

  45. 『朝鮮出身宣教師八日午後突然行方不明/青年会館の米議員招待会に出る筈だったが、其夕刻東京駅から下関行列に乗り込んだ/目下警視庁で捜査中』 萬朝報 1920/9/9 〔3/3〕 東京・東京 【社会】

  46. 『<浮世草紙>争闘(壬生天ヶ池町、朝鮮人同士(馬輓と木挽職)の喧嘩)』 大阪朝日 1920/11/19 京附 〔1/9〕 京都中京区・京都 【喧嘩】

  47. 『恋に狂ふた朝鮮人/思い詰めた揚句、家宅に侵入して人妻を脅迫/女は元春日牛肉亭の仲居(東竹屋町疏水端、挽夫)』 京都日出 1921/2/11 夕 〔〕 京都左京区・京都 【社会】

  48. 『<浮世草紙>酔払ひ暴行(平安神宮、人力夫)』 大阪朝日 1921/4/19 京附 〔4/19〕 京都左京区・京都 【社会】

  49. 『電の衝突/別府住吉浜で鮮人負傷す』 京城日報 1921/5/3 〔4/6〕 別府・大分 【交通事故】

  50. 『<浮世草紙>突入(大和大路、朝鮮人運転手の自動が標識に衝突)』 大阪朝日 1921/5/7 京附 〔2/1〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  51. 『列中で割腹/三等乗客の鮮人』 福岡日日 1921/6/3 〔1/7〕 東京・東京 【社会】

  52. 『列内で鮮人腹を切る/生命には別条なし』 門司新報 1921/6/3 〔1/5〕 ・東京 【社会】

  53. 『明大生昂奮して列内に於て割腹す』 京城日報 1921/6/4 〔5/9〕 柳井・山口 【社会】

  54. 『朝鮮人三名列から飛ぶ/一名は生命危篤』 神戸新聞 1921/8/6 〔6/8〕 明石・兵庫 【交通事故】

  55. 『<浮世草紙>鮮人負傷(京阪電鳥羽街道踏切、電に衝突し重傷)』 大阪朝日 1921/8/7 京附 〔1/11〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  56. 『鮮人列より墜つ/帰国の途中』 門司新報 1921/8/12 〔1/5〕 ・広島 【交通事故】

  57. 『八本松駅で上下列を厳重取調ぶ/西条署の活動(山陽本線複線工事)』 中国 1921/8/23 〔〕 東広島・広島 【警備】

  58. 『<浮世草紙>電で怪我(七条新町。朝鮮人が転落)』 大阪朝日 1921/9/3 京附 〔1/11〕 京都下京区・京都 【交通事故】

  59. 『四人組の追剥/深夜自動を襲ひ、金なしと見て肥壷に投込む/犯人は鮮人らし』 神戸新聞 1921/10/1 〔7/7〕 神戸・兵庫 【社会】

  60. 『<浮世草紙>鮮人溺死す(紀伊郡深草村字福稲、自転で疏水に転落)』 大阪朝日 1921/10/25 京附 〔1/10〕 京都伏見区・京都 【社会】

  61. 『<浮世草紙>列と馬(東七条川端町。朝鮮人の荷馬が暴走、東海道線列に衝突)』 大阪朝日 1921/10/29 京附 〔1/11〕 京都下京区・京都 【交通事故】

  62. 『鮮人列に惨死す/両手足を切つて』 九州日報 1922/2/1 〔1/5〕 下関・山口 【交通事故】

  63. 『結納舁ぎ汽に轢かる(大阪・木下インキ製造所)』 大阪毎日 1922/2/2 〔7/10〕 大阪・大阪 【社会】

  64. 『<浮世草紙>朝鮮人負傷(烏丸二条、電から飛び降り)』 大阪朝日 1922/3/1 京附 〔1/9〕 京都中京区・京都 【交通事故】

  65. 『渡る世間に鬼は無し/迷ひ来た鮮人兄弟/可愛い小児を労はる/祇園署と奇特な夫』 芸備日日 1922/4/21 〔〕 広島・広島 【社会】

  66. 『汽の衝突を企つ/犯人は鮮人か』 大阪毎日 1922/4/29 〔7/7〕 下関・山口 【社会】

  67. 『電を襲ふ/子供を轢かれた鮮人の一団』 大阪朝日 1922/5/4 〔7/8〕 大阪・大阪 【社会】

  68. 『鮮人を轢いた運転手袋叩き/鮮人四十名が電の運転を止む』 大阪毎日 1922/5/4 〔11/7〕 大阪・大阪 【社会】

  69. 『<浮世草紙>飲食(八条猪熊、朝鮮人が自転窃取)』 大阪朝日 1922/5/7 京附 〔1/11〕 京都下京区・京都 【社会】

  70. 『市電と衝突/自転に乗った鮮人の重傷』 大阪毎日 1922/5/17 夕 〔2/7〕 大阪・大阪 【交通事故】

  71. 『<浮世草紙>顔面(丸太町河原町、自転の朝鮮人(製材商雇人)が電に衝突し負傷)』 大阪朝日 1922/5/30 京附 〔1/9〕 京都・京都 【交通事故】

  72. 『自動乗逃/鮮人助手の悪事』 門司新報 1922/6/20 〔1/7〕 ・山口 【犯罪】

  73. 『飛降りた鮮人/遂に絶命す(西洞院松原、電から)』 大阪朝日 1922/6/25 京附 〔1/10〕 京都下京区・京都 【交通事故】

  74. 『列内で鮮人大暴行/三百名の大喚声/列を停め所嫌はず放尿して騒立つ』 神戸又新日報 1922/7/7 〔6/8〕 宇都宮・栃木 【労働】

  75. 『列内で暴れ抜く/鮮人百三十名』 大阪朝日 1922/7/7 〔7/2〕 宇都宮・栃木 【労働】

  76. 『出稼鮮人喊声を挙げて/進行中の列を停む/非常信号を鳴し窓を破る/引率者が旅費を支払わぬ』 京城日報 1922/7/8 〔5/8〕 宇都宮・栃木 【犯罪】

  77. 座の鮮人(賭博)』 神戸又新日報 1922/7/29 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【社会】

  78. 『電の鮮人刎ね』 神戸又新日報 1922/7/29 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  79. 『<浮世草紙>口(西陣五番丁のそば屋出前持ち、朝鮮人客に勧められ朝鮮に出稼ぎし困窮、関釜連絡船で投身自殺を図る)』 大阪朝日 1922/9/3 京附 〔1/10〕 京都上京区・京都 【社会】

  80. 『老婆を轢殺す(愛宕郡上賀茂村鞍馬街道、朝鮮人の郵便逓送人が自転で疾走中)』 大阪朝日 1922/10/2 京附 〔2/1〕 京都北区・京都 【交通事故】

  81. 『入場切符で鮮人を胡麻化し汽を騙収す』 神戸又新日報 1922/10/9 〔6/7〕 神戸・兵庫 【社会】

  82. 『<浮世草紙>負傷(千本蛸薬師、朝鮮人の荷馬が自動と衝突)』 大阪朝日 1922/10/23 京附 〔1/11〕 京都中京区・京都 【交通事故】

  83. 『鮮人電に触る』 神戸新聞 1922/10/24 〔6/8〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  84. 『吁、無残/妻と対話中の鮮人電に触れて五体滅茶滅茶になる/妻は発狂状態』 神戸又新日報 1922/12/9 〔ランガイ〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  85. 『娼妓上りに訛まされて悲観の末列から飛降自殺/儚ない朝鮮職人の恋』 神戸又新日報 1922/12/12 〔6/7〕 神戸・兵庫 【社会】

  86. 『<浮世草紙>衝突(本町通新道八丁目。自動の朝鮮人が貨物自動側面に衝突、負傷)』 大阪朝日 1922/12/18 京附 〔1/9〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  87. 『鮮青年の盗み/駐場を困らせた末』 門司新報 1922/12/22 〔1/7〕 下関・山口 【犯罪】

  88. 『電と衝突/鮮人死に瀕す』 神戸新聞 1923/1/4 〔7/11〕 神戸・兵庫 【交通事故】

  89. 『金のために一家を鏖殺/その獰悪なる犯行/四条三人殺事件結審(四条通新町、朝鮮人自転修繕工が主人一家殺害。京都地裁)』 大阪朝日 1923/1/25 京附 〔1/10〕 京都下京区・京都 【犯罪】

  90. 『検事は死刑を求む/被告は悪魔のやうな笑を湛へ惨劇の光景を如実に語つた/四条新町自転屋鏖殺事件公判(京都地裁)』 大阪朝日 1923/2/20 京附 〔1/7〕 京都下京区・京都 【犯罪】

  91. 『死刑/四条の三人殺判決(自転業一家殺害事件、京都地裁)』 大阪朝日 1923/2/27 京附 〔2/5〕 京都下京区・京都 【犯罪】

  92. 『<浮世草紙>掻払(伏見町字町の料理店、宇治川水電の朝鮮人土方が仲居の首巻窃取)』 大阪朝日 1923/3/5 京附 〔1/10〕 京都伏見区・京都 【犯罪】

  93. 『鮮人列から飛降り自殺(上郡)』 神戸又新日報 1923/3/7 〔ランガイ〕 赤穂郡・兵庫 【社会】

  94. 『<浮世草紙>裂傷(千本四条、荷の朝鮮人(材木店雇人)が荷馬に衝突し負傷)』 大阪朝日 1923/3/19 京附 〔1/9〕 京都中京区・京都 【交通事故】

  95. 『<浮世草紙>衝突(本町新道、自転と牛。自転の朝鮮人が重傷)』 大阪朝日 1923/3/30 京附 〔1/4〕 京都東山区・京都 【交通事故】

  96. 『鮮人入乱れて電を遮ぎる』 名古屋新聞 1923/4/3 〔〕 ・愛知 【】

  97. 『<浮世草紙>急停(四条小橋、自転の朝鮮人が市電に衝突し負傷)』 大阪朝日 1923/4/28 京附 〔1/10〕 京都下京区・京都 【交通事故】

  98. 『千種の大喧嘩 鮮人土工が自動で乗込み 棍棒を揮つて大乱闘 重傷三名』 名古屋新聞 1923/4/30 〔〕 ・愛知 【】

  99. 『輓馬狂ひ出す/少年重傷(上賀茂橋、馬輓は朝鮮人)』 大阪朝日 1923/5/6 京附 〔5/6〕 京都左京区・京都 【交通事故】

  100. 『物騒な廿日市付近/電軌道工事中の鮮人/輪姦は嘘だと福重署長否認(広島郊外電宮島線建設工事、三百名)』 中国 1923/6/5 〔〕 廿日市・広島 【社会】

[検索画面に戻る][新規検索][次の 100 件を表示]

水野直樹トップページへ