記事検索のデータ入力の仕方


以下の項目のデータを入力することを原則としますが、すでに記事を集めている場合や、入力を終えている場合は、すべての項目が揃っていなくてもかまいません。ただし、入力の際には、欠けている項目の欄を作った上で、空白にしてください。
テキストファイルの場合は、空白部分に2つの半角カンマ(,,)をつけておいてください。



(データ項目順)
(テキストファイルの場合)
 新聞名,年,月,日,夕刊(または地方版),面/段,見出し,分類,地域1(市町村),地域2(府県)  (改行マーク)

                       (カンマは半角)

Excelなどの場合)

新聞名

夕刊・地方版

/段

見出し

分類

地域1

地域2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(データ入力の実例)

神戸新聞,1919,2,28,,7/9,児先づ投身し母親も続いて/朝鮮人親子運河に死を図る,社会,神戸,兵庫

大阪毎日,1931,12,24,夕,2/1,多木肥料大争議の展開/警官隊と対峙も/屋上から争闘、手当たり次第に瓦を投げつけて忽ち十数名負傷す/遂に死者を出す/争議団員百余名検束、泣き叫ぶ女子共,労働争議,加古川,兵庫

大阪朝日,1932,10,16,神版,13/1,「赤手」防御の陣/但馬海岸を警戒/朝鮮方面の密航者に備ふ/警官十名を増派し,警戒,城崎郡,兵庫


(1)新聞名
最後の「新聞」は省いていいと思います。   (例)大阪朝日新聞−−>大阪朝日

(2)年月日
年月日はそれぞれ別のデータとし、半角数字で入力します。これによって年別、月別(日別はあまり必要ではありませんが)データの検索ができます。

(3)朝刊・夕刊の区別
夕刊か朝刊の区別は必要です。ただ、朝刊の場合は強いて記入せず、夕刊の場合のみ「夕」と記入します。

(4)地方版
地方版は、とくに「大阪朝日」や「大阪毎日」などの全国紙の場合、地方版によってそれぞれ記事が異なりますので、記入は必要です。兵庫県の場合、「兵庫県付録」「神戸付録」「神戸版」「阪神版」「県下版」「地方版」などの版がありますが、「兵付」「神戸」「阪神」「兵県」「兵地」など2字に縮めて記入します。本来の版の名称は、凡例に書いておきます。

(5)見出し
原則として新聞に書かれているとおり書きますが、旧漢字は新漢字に直したほうが検索しやすいでしょう。見出しの段の切れ目ではなく、文の切れ目には「/」を入れて読みやすくしましょう。

(6)分類
記事内容に応じて、便宜的に次のような分類をつけます。(分類一覧と同じ)

社会、 労働、 労働災害、 労働運動、 労働争議、 文化運動、 政治(亡命を含む)、 民族運動、 学生運動、 青年運動、 共産主義、 アナキズム、 借家人(借家人運動を含む)、 融和(協和会を含む)、  法律、   選挙、  留学、   学生、 教育、    宗教(キリスト教・仏教など) 、 渡航、  統計(人口・統計を含む)、 調査、 密造酒、  住宅、  火災、      交通事故、 志願兵、 徴兵、 献金、  慰問、  労働奉仕、  戦時動員(軍事教練・徴用など) 、 警備 、  犯罪、  喧嘩、  衛生

  「社会」には窃盗、賭博、自殺など、項目に当てはまりにくいものすべてを入れています。
これらに当てはまらないものが出てきた場合、新たな分類をつくってもいいですが、新聞記事検索の責任者(堀内稔)にお知らせください。

(7)地域1
市町村単位で記入します。ただし、現行の行政区域に基づくものとします。  (例)武庫郡本庄村深江−−>神戸市  昔の地名と現行のそれが大きく異なる場合は、見出しのうしろにカッコして昔の地名を入れておくと便利です。

(8)地域2
都道府県別で記入します。



〈作成者)堀内稔  1998.10.20
問い合わせは、
堀内   稔    m-horiuchi@mtj.biglobe.ne.jp  



データベース・トップページ記事検索画面記事検索データベース説明
データベースの歴史関連論著リスト



 水野直樹のトップページ