人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

日中共同研究 中国当代史研究

  第7回ワークショップ(東京)のお知らせ

 
中国当代史に関する日中共同研究ワークショップを2018年12月、東京にて開催いたします。この共同研究は、第1回ワークショップ(2012年:上海)、第2回ワークショップ(2013年:京都)、第3回ワークショップ(2014年:上海)、第4回ワークショップ(2015年:京都)、第5回(2016年12月上海)、第6回(2017年12月上海)に引き続き、今回が第7回となります。
 これまでワークショップでは報告者を公募して参りましたが、第7回の開催にさいしても、若手の報告者を公募することになりました。下記の応募要項を御参照の上、積極的に応募して下さるよう、お待ち申しあげます。
会の趣旨とこれまでの開催回については、それぞれ下記をご参照ください。
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/dangdaishi.htm (趣旨説明)
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/dangdaishi5.htm (第1~5回)
http://www.tbcas.jp/ja/20171202WS.pdf (第6回)
                          2017年12月8日
「日中共同研究 中国当代史研究」日本側世話人会(石川禎浩、小野寺史郎、久保亨、中村元哉、村田雄二郎)

                 記
1.会議日程・場所:2018年12月1日(土)、2日(日)  東京(東洋文庫)
2.テーマ:「1950-70年代の中国」
3.ワークショップ構想:1950-70年代の中国政治・外交・経済・社会・文化・思想に関するセッション等を設ける予定です。口頭での報告時間は15-20分、それに引き続きコメント・討論が30分程度です。
4.募集人員:2名程度
5.応募資格:応募時点で、以下のいずれかに相当する方。
 (1) 国内の大学や研究機関に所属するPD研究員・非常勤講師等。
 (2) 国内の大学や研究機関に在籍する博士課程大学院生。
6.経費負担:会議期間中の宿泊費(3泊まで)と地方からの国内交通費。
7.使用言語:中国語(通訳なし。中国語での報告、討議をお願いします)。
8.応募期間:2017年12月8日(金)~2018年2月28日(水)(締切厳守)
9.応募書類:
 (1) 氏名、所属、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)
 (2) 報告テーマと報告要旨(日本語1200字程度で、主な論点、構成、史料などを説明するもの)
 (3) 主要業績一覧(書式随意)
10.応募方法: 応募書類をメールにより世話人会(中村 motoya[at]tsuda.ac.jp)に送信。
11.選考方法:世話人会による審査の上、決定。
12.結果発表:2018年3月末日までにメールで通知。
13.準備報告:事前に研究会での準備報告をお願いすることがあります。
14.報告論文:報告論文(中国語)をワークショップ前に提出してもらいます
  (中国語換算1万字程度〔本文と注を含む〕。2018年10月末提出締切)。
15.問合せ先:世話人会(村田 murata[at]ask.c.u-tokyo.ac.jp)。


                                 以上




Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.