高木 博志 教授 – Professor TAKAGI, Hiroshi

高木 博志

■ 学位
博士[文学](北海道大学)
■専門分野
日本近代史
■研究テーマ
近代天皇制の文化史的研究
■主たる講義科目
近代古都論(文学研究科/文学部共通)

業績一覧へ

近代天皇制の文化史的研究

即位・大嘗祭・葬儀や賀茂祭・正月儀礼などの皇室儀礼、史蹟名勝・国宝などの文化財や博物館、これら天皇制にかかわる文化的諸要素を対象として、近世と近代の天皇制のあり方の違いを研究する。当面は、「古都の近代」を天皇制の政治文化論として考察する。奈良と京都が古都として形成される過程を、前近代からの連続と断絶に留意しつつ、日本美術史、御物や天皇陵などの皇室の財産、古寺巡礼・修学旅行・博覧会、社寺のあり様などを題材に、明治維新から1940年代まで通観する。