高井 たかね 助教 – Assistant Professor TAKAI, Takane

高井 たかね

■ 学位
人間・環境学修士(京都大学)
■専門分野
中国家具史
■研究テーマ
中国家具とその使用に関する研究
■主たる講義科目
美学美術史学漢文購読(文学部)

業績一覧へ

中国家具とその使用に関する研究

中国家具史は、従来、建築史の一部として、あるいは美術工芸品や出土品として、家具の品種や様式の歴史的変遷が語られることが多く、現段階では、そのしつらえなど使用に関する研究は極めて乏しいと言わなければならない。本研究は家具とその使用の様相を知ることにより、生活空間にみられる意識・秩序等を明らかにし、それによって中国の生活文化史を理解しようとするものである。当面は主に明清時代を対象とし、文献および画像史料に表現された当時の居住生活から、様々な生活場面における家具とその使用様相を探ることを試みたい。とりわけ『金瓶梅』などの白話小説では、家具に関して名称からしつらえに至るまで比較的詳細な記述が得られるため、その記述内容および挿図を相互に利用して解釈するという作業を重点的におこなう。