安岡 孝一 教授 – Professor YASUOKA, Koichi

個人のHPへ

安岡 孝一

■ 学位
工学博士(京都大学)
■専門分野
人文情報学
■研究テーマ
文字コード論
■主たる講義科目
文字コードの歴史(人間・環境学研究科)

業績一覧へ

文字コード理論

コンピュータ上で文字を扱う場合、何らかの形で文字をコード化してやる必要がある。通常は情報理論にのっとって、最小のビット数で必要な文字を全てコード化するが、こと漢字となると、必要な文字全てというのがそもそも不明である。本研究では、過去の文字コードの歴史あるいは相互変換性を視野におきながら、文字をコード化するということはそもそもどのような意味を持つのか、それによって伝達される情報とは何なのか、ということを明らかにすることを目指す。