東方学報

東方学報

東方學報の創刊は、1930年であり、爾来、毎年少くとも1冊を刊行し、現在85冊に達しているが、創刊当時本研究所と姉妹関係にあった東方文化學院東京研究所の紀要も、同じく『東方學報』であったので、それを区別するために「東方學報 京都第○冊」なる表示がとられてきた。現在でも、「京都大學人文科學研究所紀要第○冊」としての通し番号のほかに、「京都 第○冊」なる表示が附記されているのは、その名残りである。

毎号、大体所内研究員もしくは東方学研究部所属の所外共同研究参加者の東洋学に関する研究論文を10篇ほど掲載しているが、共同研究の報告として特輯されている場合もある。たとえば、第23冊は「殷代青銅文化の研究」、同第24冊は「元典章の研究」、同第27冊は「漢代史研究」、同第30冊は「中国古代科学技術史の研究」、同第35冊は「敦煌研究」の特輯号である。なお同第36冊は「創立35周年記念論集」、同第41冊は「創立40周年記念論集」、第52冊は「創立50周年記念論集」、第62冊は「創立60周年記念論集」、第72冊は「創立70周年記念論集」にあてられている。

東方學報(京都)第92册 2017年12月發行

眞如の諸解釋 –梵語tathatāと漢語「本無」「如」「如如」「眞如」– 船山 徹
貴霜丘就却の歿年 桑山 正進
嶽麓書院所藏簡<<秦律令(壹)>>譯注稿 その(一) 「秦代出土文字史料の硏究」班、伊藤 瞳、佐藤 達郞、角谷 常子、鷹取 祐司、土口 史記、野口 優、藤井 律之、宮宅 潔、目黑 杏子、安永 知晃
嶽麓書院所藏簡「亡律」解題 宮宅 潔
『文史通義』內篇二譯注(1) 『文字通義』硏究班、古勝 隆一、岩井 茂樹、永田 知之、白石 將人、山口 智弘、重田 みち、田 訪、藤井 律之、宇佐美 文理
論淸初漢缺科道官任用制度的變革 –監察系統的封閉式昇轉的形成與任用的中央化– 項 巧鋒
宋代官印行用考 周 佳
『三國遺事』的「朝鮮」敘事與高麗王朝正統性之再塑造 李 磊
貞觀年閒唐帝國的東亞情報、知識與佚籍 –舊鈔本<<翰苑>>注引<<高麗記>>硏究– 童 嶺
嶽麓秦簡「執法」考 土口 史記
Abstracts
彙報 二〇一六年四月より二〇一七年三月まで
表紙・目次・投稿規程・執筆要領・奥付


バックナンバー及び閲覧について