人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

中文  共同研究班開催実績

「近現代中国における社会経済制度の再編」共同研究班(班長:村上 衛)

2012年度

月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月20日 村上 衛 共同研究班“近現代中国における社会経済制度の再編”をはじめるにあたって――鎮江における通過貿易問題を例に   
5月11日 上田貴子 奉天の近代化と奉天同善堂 吉澤誠一郎
5月25日 秋田朝美 棉麦借款からみた日中関係の一考察:棉花を中心に 富澤芳亜
 6月8日  園田節子 南北アメリカにおける草創期華僑コミュニティの形成と華商 菊池秀明
6月29日 吉田建一郎 中華人民共和国初期における養豚振興の模索 小島泰雄
10月5日 郭まいか 民国期の上海公共租界における会審公堂の組織と会審制度 本野英一 
10月19日 姜抮亜 東アジアにおける広東人ネットワーク
:在韓華商同順泰の活動を中心に
岡本隆司
石川亮太
11月2日 木越義則 近代中国と広域市場圏
:海関統計によるマクロ的アプローチ
岡本隆司
11月16日 烏蘭其其格 清代絹織物業における主体の変遷とその意義:官営織造局、都市民間機業、郷鎮農村機業 岩井茂樹
12月7日 山本一 18世紀前半、督撫による地方官選任規定とその実態 (伍 躍)
1月25日 若松大祐

『中国の命運』(蒋介石、1943)の歴史観:
日中戦争前後の展開をたどる

深町英夫 
2月8日 浜田直也 五・三〇事件と日本労働総同盟
―国民革命と鈴木文治・賀川豊彦―

江田憲治

2月22日 富澤芳亜 1920、30年代の厳家経営の紡織工場について 渡辺純子
3月8日 根無新太郎

神機営に関する一考察
―設立から捻軍期までの政軍関係を軸に

青山治世


2013年度
月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月26日 望月直人 1880年代前半における「清議」派のベトナム経略論について  村田雄二郎  
5月17日 Leonard Blussé A tale of two river delta's: The Rhine and Yangzi basins 1350-1850 杉浦未樹
5月31日 石川亮太 朝鮮開港期における華商の対中国送金 久末亮一
 6月14日 田由甲 明代以降、福建省沿海地域の〈境〉について 山本真
6月28日 岡本隆司 「中国経済史」の構想 加島潤
 10月4日 大坪慶之 光緒帝親政期における清朝中央の政策決定と西太后 岡本隆司
10月18日 田口宏二朗 南京国民政府時期、首都空間での土地登記 寺田浩明
 11月1日 蒲豊彦 近代広東の生活保持機構
--健康をめぐる基本状況
小浜正子
11月15日 巫仁恕 明清時期的消費研究能夠解決什麼問題? 岩井茂樹
則松彰文
11月29日 堀地明 嘉慶6(1801)年北京の水害と救荒 蒲豊彦
1月17日 片山剛 20世紀前半、長江中洲の開発と開発農民の具体像:南京付近の中洲を中心に 小島泰雄
1月31日 荻恵里子 総理衙門-北洋大臣李鴻章体制の運用とその創出 箱田恵子
2月14日 加藤雄三 升科,Shengko,Shengkoing:上海フランス租界における黄浦江沿岸埋立地の取得問題 田口宏二朗

2014年度
月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月25日 村上衛 中国経済史研究と現代中国経済研究のあいだ──通過貿易と天津羊毛貿易を例に 富澤芳亜
5月9日 岩井茂樹 南の島の女たちと商業 村尾進
5月23日 小島泰雄 村という制度 三品英憲
6月6日 陳来幸 20世紀初頭における客家系華商の台頭:梅県・香港・神戸・バダビア 梅県南口鎮僑郷村潘氏一族を手掛かりに 植村泰夫
6月20日 村尾進 入城・駐京・覲見
―省城広州、1840年代―
茂木敏夫
7月4日 奚伶 1903年載振・那桐・ブレドンらの日本訪問について―日本外務省資料からみた― 城山智子
9月26日 望月直人 「保護国」と「招撫」の相剋
―越境する華人集団と国際政治
武内房司
10月10日 籠谷直人 前近代バタヴィアの国際的契機
―マニラ、マカオ、マラッカ、そして日本
島田竜登
11月7日 蒲豊彦 近代広東の医療機構と地域 飯島渉
11月28日 Xavier Paules The hidden reasons of a success story: opium in China 1800-1906 古泉達矢
12月19日 金丸裕一 近代中国経済史の基礎史料を再考する
-編纂史料を中心に
木越義則
1月23日 西山喬貴 「条約裁判所 Treaty Tribunal」の設立
―19世紀中葉の中国における民事紛争解決機構の変遷―
本野英一
2月6日 兒玉州平 華北塩業をめぐる興中公司の活動 落合功
2月20日 細見和弘 丁宝禎と山東黄河治水 大坪慶之
3月6日 易星星 中国旅行社と上海商業儲蓄銀行について
(1923年-1954年)
岩間一弘

2015年度
月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月24日 石川亮太 開港期朝鮮の国際貿易と華商の活動
―論点の整理
岡本隆司
5月15日 高嶋航 「東亜病夫」と近現代中国 石川禎浩
5月29日 凌鵬 照市納租―清代巴県地方の田租「減免」慣習について 岩井茂樹
6月12日 楊韜 新中国建国前後の印刷・造紙業界について―初期の北京新華印刷廠(1949~1952年)を中心に 村井寛志
6月26日 武上真理子 汎太平洋学術会議にみる科学の制度化と国際化――中国の加入問題を中心に 塚原東吾
10月9日 貴志俊彦 台湾の国連脱退と沖縄-台湾間海底ケーブル布設問題 清水麗
10月23日 木越義則 香港貿易の数量化と可視化―清末英字新聞と海関統計の総合的利用― 宮田敏之
11月13日 富澤芳亜  近代中国における紡織技術者養成について 沢井実
11月20日  巫靚 日本統治期における台湾人の移動
―1895年から 1937 年まで中国大陸に留学する台湾人を中心に
上田貴子 
12月11日 浜田直也  満洲開拓基督教村の一考察 細谷亨
1月15日  郭まいか 上海租界二重国籍中国人問題ー会審公廨と上海総商会を中心に 中山大将
1月29日 瞿艶丹  個人の病気か民族の病気か--近代中国における肺結核病の医療社会史 市川智生
2月12日  山崎岳 明代後期閩南における開港と海寇 岡本隆司
2月26日 宮内肇  1920年代広東の族刊雑誌と宗族 陳来幸
3月11日  都留俊太郎 二林蔗農事件の再検討―農業史・地域史の視角から 佐藤仁史

「転換期中国における社会経済制度」(班長:村上衛)

2016年度

月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月22日 村上衛 仲介者の効用
――研究班を開始するにあたり
梶谷懐
5月20日 小林亮介  ダライラマ13世の亡命と外交(1904-1912)
――W. W. Rockhillとの関係を中心に
岡本隆司
6月3日 谷雪妮 「支那を識るの途」
――橘樸の中国論の視座をめぐって
石井知章
6月18日 李ハンキョル  第一次世界大戦時期における
杜亜泉の西洋認識について
小野寺史郎
7月1日 堀地明 清代北京の食糧流通 田口宏二朗
7月8日  張子康  琉球王国の西洋船迎接体制  渡辺美季
小堀慎悟  世紀転換期の香港衛生政策と潔浄局-1907年の調査委員会報告から考える-  古泉達矢
7月15日 望月直人 「中法越南辺界通商章程」(1886年)における「交犯」条項--その成立と適用をめぐって 青山治世
10月14日 凌鵬  中国近世の「租佃関係」に対する認識
--理論的な検討
岸本美緒
10月28日 巫靚 「日中戦争期から太平洋戦争期
(1937-45年)における台湾人の移動
遠藤正敬
11月11日 坂井田夕起子 

「支那通」僧侶・藤井草宣と日中戦争

渡辺祐子
11月25日 平井健介

中国をめぐる二つの「日蘭会商」
1930年代の帝国糖業の国際環境―

籠谷直人
12月16日 豊岡康史 嘉慶”維新”の背景とその目的:景況と漢化 岩井茂樹
2月3日 篠原由華

清末に「日本臣民」に交付された護照について

陳來幸
2月17日 加藤雄三 鎮江租界の終焉--返還交渉をめぐって 久保亨
3月3日 上田貴子 奉天同善堂に集まる人々--棲流所と游民・貧民対策
蒲豊彦
3月17日 武上真理子 1920年代中国地質学の国際化 山田俊弘

2017年度
月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
4月28日 巫仁恕 清代同治朝巴県档案窃盗件的研究:
従法制史、社会史到物質消費史的初探
伍躍
5月19日 吉田建一郎 日中戦争期、寒羊・寿陽羊に関する
日本の調査活動
富澤芳亜
6月2日 潘藝心 消費都市から生産都市へ:
計画経済期の南京と大廠
柴田陽一
6月16日 滝田豪 政治論としての「後学」再考:ナショナリズムと自由・民主 森川裕貫
6月30日 蔡志祥 從反迷信到萬緣會:廣州到東南亞的城市救贖儀式 志賀市子
7月7日 箱田恵子 清朝外交と海牙公断 松重充浩
7月21日 荻恵里子 総理衙門大臣の活動――対イギリス漢文史料の分析を中心に 大坪慶之
9月29日 森万佑子 朝鮮外交の近代-宗属関係から大韓帝国へ- 石川亮太
10月13日 張子康 琉球王国の西洋通事 横山伊徳
10月27日 小堀慎悟 世紀転換期香港の衛生政策―中国人居住環境をめぐる議論を例として 福士由紀


Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.