人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

中文 テーマ・組織

◆ 研究センターの沿革・概要 ◆

 人文科学研究所附属現代中国研究センターは、現代中国についての研究を重点的に推進するとともに、京都大学における現代中国研究者が持続的な共同研究を行うための拠点を構築することを目的として、2007年4月1日付で設置されました。本センターは、人間文化研究機構(NIHU, 大学共同利用機関法人)が2007年度から2016年度まで二期10年間にわたって実施したネットワーク型研究推進事業(現代中国地域研究)の京都大学側の実施主体(現代中国地域研究京都大学拠点)として、学内の関連諸部局(経済学研究科〔東アジア経済研究センター〕、文学研究科、人間・環境学研究科、法学研究科、学術情報メディアセンターなど)の教員を兼任などの形で受け入れてきました。NIHUの現代中国地域研究推進事業は、2017年3月をもって終了しましたが、本センターは、京都大学規程に定められた附属研究センターとして、2017年4月以降も活動を継続しています。
 センター長は、2007-2010年度は森時彦教授、2011-2012年度は岩井茂樹教授、2013年度より石川禎浩教授がつとめています。また、NIHUの雇用・派遣にかかる地域研究推進特別研究員の袁広泉氏(任期:2007年9月~2012年3月)と武上真理子氏(同2012年4月~2017年3月)を、共に客員准教授として受け入れました。
 すでに終了したNIHUによる現代中国地域研究プロジェクトの全体像・概要については、こちらをご覧下さい(本プロジェクト第2期代表を務められた天児慧教授によるご挨拶については、こちらをご覧下さい)。なお、このプロジェクトの第一期と第二期における京大拠点(本センター)の研究テーマは、それぞれ「人文学の視角から見た現代中国の深層構造の分析」、「中国近現当代史の重層構造」でした。この二つのテーマは、今も本センターの現代中国分析の基礎となっています。

◆ 第一期研究テーマ「人文学の視角から見た現代中国の深層構造の分析」◆
 京都大学がこれまで培ってきた人文系中国学の蓄積を踏まえ、「人文学の視角から見た現代中国の深層構造の分析」を総合研究テーマとし、「深みのある現代中国研究」を推進します。「深みのある現代中国研究」とは、単に現在の中国がどうなっているのかを検討するだけではなく、現代の中国は如何にして形成されたのかを、人文学的・歴史学的パースペクティブから分析するという含意です。この研究テーマのもとに、2つの研究グループ(研究グループ1「現代中国文化の深層構造」、研究グループ2「現代中国政治の社会基盤」)を設け、両グループは連携して、関連資料の収集および研究を進めます。

センターの組織(2012年3月、研究事業第一期終了時点)
運営委員: 森時彦、井波陵一、籠谷直人、岩井茂樹、石川禎浩(以上人文研)、平田昌司(文学研究科)、大西広(経済学研究科)、江田憲治(人間・環境学研究科)、寺田浩明(法学研究科)、壇辻正剛(学術情報メディアセンター)

センター教員組織
センター長 (兼)教授 岩井茂樹; センター主任 石川禎浩
政治分野 (兼)教授 江田憲治、 准教授 石川禎浩、 助教 小野寺史郎
経済分野 (兼)教授 大西広、 (兼)教授 籠谷直人
社会分野 (兼)教授 森時彦、 (兼)教授 岩井茂樹
文化分野 (兼)教授 平田昌司、 (兼)准教授 池田 巧
客員分野  准教授 袁広泉

◆ 第二期研究テーマ「中国近現当代史の重層構造」◆
 中国においては長らく、アヘン戦争(1840年)から五四運動(1919年)にいたる時期を「近代」、それ以降中華人民共和国成立(1949年)までを「現代」とする時期区分が一般的でした。今や60年をこえる人民共和国の歩みは、中国においても、「当代史」なる新たな範疇で括られ、本格的な歴史学研究の対象となりつつあります。こうした潮流を踏まえ、また概念上の混乱を避けるため、本研究は大まかに19世紀以降、現在にいたる歴史を「近現当代」と呼称し、長期的スパンで現代中国の諸相を捉えることをめざします。そして、それら歴史としての「近現当代」が、双方向的な重層性を持つことに留意します。重層性の一つの方向とは、過去から現在へ向かうものです。つまり、現在の中国が歴史的に形成されてきたものであり、近現代、さらには前近代の中国の理解なしには、現在の中国も理解できないという重層性認識にほかなりません。また、もう一つの方向とは、人民共和国の体制下において、歴史研究(あるいはそれに付随する史資料編纂)はそれ自体が、人民共和国史(当代史)や中国政治の重要な構成要素であったという意味での重層性です。過去が現代を規定するのと同じように、人民共和国・中国共産党もまた常に強烈に過去を意識し、あくまでも歴史の総覧者・審判者であり続けようとしています。
 こうした視点に立つならば、中国の歩み(歴史)を近代や現代という時代に限定して復元・考察しようという従来の固定的なアプローチの限界は明らかでしょう。わたしたちが問わなければならないのは、過去から現在へ向かう歴史の堆積と、現代(当代)から意識的・遡及的に過去(歴史)を利用しようとする営為の双方向性、あるいはその重層性なのです。人文学研究(歴史)に強みを持つ本拠点は、歴史の重層構造を切り口に、歴史と現代中国との関わりの総合的解明をめざします。
 この研究テーマのもとに、本拠点は2つの共同研究班(「毛沢東に関する人文学的研究」〔班長:石川禎浩〕、「近現代中国における社会経済制度の再編」〔班長:村上衛〕)を組織し、両研究班は連携して、関連資料の収集、および研究を進めます。

センターの組織(2017年3月、研究事業第二期終了時点)
運営委員: 石川禎浩、井波陵一、岩井茂樹、村上衛(以上人文研)、籠谷直人(地球環境学堂)、江田憲治(人間・環境学研究科)、平田昌司(文学研究科)、劉徳強(経済学研究科)、寺田浩明(法学研究科)、壇辻正剛(学術情報メディアセンター)

センター教員組織
センター長 (兼)教授 石川禎浩; センター主任 村上衛
政治分野 (兼)教授 江田憲治、 (兼)教授 石川禎浩、 助教 森川裕貫
経済分野 (兼)教授 劉徳強、 (兼)教授 籠谷直人
社会分野 (兼)教授 岩井茂樹、 准教授 村上衛 
文化分野 (兼)教授 平田昌司、 (兼)教授 池田巧
客員分野  准教授 武上真理子


Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.