人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

中文 共同研究班「転換期中国における社会経済制度」

転換期中国における社会経済制度」共同研究班(班長:村上 衛)
  2017年4月―7月予定

開催時間:午後2~5時 
開催場所:京都大学人文科学研究所新館 セミナー室4 (三階 331室) 


月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
9月29日 森万佑子 朝鮮外交の近代-宗属関係から大韓帝国へ 石川亮太
10月13日 張子康 十九世紀琉球国の西洋語通事 横山伊徳
10月27日 小堀慎悟 世紀転換期香港政庁の都市環境整備―家屋政策を例として― 福士由紀
11月17日 望月直人 世論(public opinion)と「公論」の共鳴―清仏戦争前におけるアメリカと清議派について 三牧聖子
12月1日 兒玉州平 『満洲国』工業化をめぐる日満間非公式調整制度の創出 平井健介
12月15日 堀地明 清代嘉慶・道光年間における北京の回漕問題 田口宏二朗

◆2018年1月以降の開催予定日(いずれも金曜日午後):2018年1月26日、3月9日、3月16日

◆共同研究班「近現代中国における社会経済制度の再編」は、2016年3月で終了しました。これまでの開催実績はこちらをご覧下さい。



                   
 

Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.