人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

中文 共同研究班「近現代中国の制度とモデル」

中国社会経済制度の再定位」共同研究班 (班長:村上衛)
 
 
 2024年5月~7月予定
開催時間:午後2~5時 
開催場所:人文科学研究所4階大会議室

月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
5月10日 村上衛 「中国社会経済制度の再定位」研究班を始めるにあたって:清代華北の貨幣と経済──山西省を事例として 高島正憲
5月24日 彭皓 明清交替期における財政体制の転換―明末の「剿餉」についての再考― 岸本美緒
6月7日 Robert Hellyer
陸家振
Green with Milk and Sugar: When Japan Filled America’s Tea Cups
近代日本の長江中流商業勢力の拡張と維持(1912-1937)

今井就稔
6月21日 曾美芳 一個晚明戶部尚書的知識系統養成
岩井茂樹
7月5日 中島大知
王智傑
銭玄同の言語文字思想と実践
挙業書の出版からみる明清時代の下層士人の生計
平田昌司
表野和江
7月19日 李多南
今岡宏司
中国共産党の1936-37年の「連蔣」方針形成の要因について
18世紀閩南郷族社会における宗族間抗争の様相
楊奎松
三木聡

◆共同研究班「近現代中国における社会経済制度の再編」(2012-15年度)、「転換期中国における社会経済制度」(2016-19年度)、「近現代中国の制度とモデル」(2020-23年度)は終了しました。
 これまでの開催実績はこちらをご覧下さい。


Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.