人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

ホームEnglish 中文
◆ 2022年9月8日、15日、22日、29日(各回とも木曜日、18時より)に人文研アカデミー2022『近現代中国研究の最前線:現代中国研究センター設立15周年 連続セミナー』が開催されます。参加には事前申込が必要です。詳細はこちら

第1回(9月8日) 小野寺史郎(人間・環境学研究科准教授)
「京大人文研の近現代中国研究の歴史」
第2回(9月15日) 村上衛(人文科学研究所准教授)
「中国経済の特徴は何か -中国近代史から考える」
第3回(9月22日) 都留俊太郎(人文科学研究所助教)
「台湾独立とは何か -ことばの歴史から考える」
第4回(9月29日) 石川禎浩(人文科学研究所教授)
「毛沢東と田中角栄の会談 -国交正常化50周年にあたって振り返る」

次回研究班

「20世紀中国史の資料的復元」
(班長:石川禎浩)
9月30日 程天徳 盛政権初期における国民政府の統合戦略:新疆の振興計画と回民補習班の実態をめぐる考察

「近現代中国の制度とモデル」
(班長:村上衛)
10月7日 耿皓楠 近代中国におけるミリタリズム思想の創成と変遷
         (1900-1910)
     蔡佑佳 清末の中国人女性思想者の言動の二重様相:
         『天義』と何震をめぐって
 
  
現代中国研究センター共同研究室       現代中国情報資料集積基地


新着情報

◆ 本センターの初代センター長で京都大学名誉教授の森時彦先生が去る3月29日にお亡くなりになりました。森先生は2007年4月より2011年3月まで本センターの代表を務められ、センターの創設と運営に多大な貢献をされました。2012年3月に定年退職された後は、帝京大学で5年にわたり教鞭をとられました。ここに哀悼の意を表します。(森先生の研究業績については、こちらをご覧下さい)。

◆ 本センターの教員(運営委員)の貴志俊彦教授がフランスの月刊フリーペーパー『ZOOM JAPON』のインタビューを受けました。記事はこちら

◆ 2022年3月25日 岡本隆司編『交隣と東アジア 』(名古屋大学出版会、2021.11)の合評会を開催しました。 評者として木村拓氏(鹿児島国際大准教授)、古結諒子氏(名古屋工業大准教授) 酒井裕美氏(大阪大准教授)をお招きしたほか、センターの村上衛が評者を担当しました。

◆ 2022年3月19日 小野寺史郎著『戦後日本の中国観』(中公選書、2021.11)の合評会を開催しました。評者として馬場公彦氏(北京大学外籍専家)、竹元規人氏(福岡教育大准教授)をお招きしました。

◆ 石川禎浩教授の『赤い星は如何にして昇ったか 知られざる毛沢東の初期イメージ』の英訳版 How the “Red Star” Rose: Edgar Snow and Early Images of Mao Zedong (translated by Joshua A. Fogel) が香港中文大学出版社より刊行されました。

◆ 本センターの石川禎浩教授の新著『中国共産党、その百年』(筑摩書房)が第25回司馬遼太郎賞を受賞しました。


         現代中国研究センター関連施設平面図

   現代中国研究センター所蔵 新聞・雑誌目録(2012年10月更新)

                 西周『百学連環』データベース

人文科学研究所のホームページへ

最終更新 2022.7.19

Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved

past01.htmlへのリンク

past01.htmlへのリンク