人文科学研究所附属現代中国研究センター
Research Center for Modern and Contemporary China, 现代中国研究中心

中文 共同研究班「20世紀中国史の資料的復元」

20世紀中国史の資料的復元」共同研究班(班長:石川禎浩)
 2021年9月-12月予定

開催時間:午後2~5時
開催場所:
※新型コロナウイルスの拡大のため、日程は変更となる可能性があります。ご注意ください。 


月 日 報 告 者 報 告 題 目 コメンテーター
9月24日 周俊 毛沢東時代の「内部雑誌」:
その収集、利用および問題点
丸田孝志
10月8日 谷川真一 毛沢東と集団指導制 和田英男
10月22日 鄒燦 戦時日本の国民精神総動員運動刊行資料に見る中共イメージ 蒲豊彦
11月5日 鄭成 建国初期の青年知識人の社会主義受容の構造的要因:上海大学生青年Sを事例に 水羽信男
12月3日 小野寺史郎 日本の中国近代思想・文学研究史の基礎史料 坂元ひろ子
12月17日 祝世潔 「文化漢奸」の裁判:張資平を例に 瞿艶丹

◆2022年1月以降の開催予定日(いずれも金曜日午後):1月21日(呉孟晋)、2月4日(林礼釗)、2月25日(都留俊太郎)、3月11日(小堀慎悟)

◆ 共同研究班「中国社会主義文化の研究」は2010年3月、「現代中国文化の深層構造」は2015年3月、「毛沢東に関する人文学的研究」は2019年3月で終了しました。これらの研究班の開催実績、および「20世紀中国史の資料的復元」のこれまでの開催実績は
こちらをご覧下さい。

Copyright (C) 2007-2012, Research Center for Modern and Contemporary China, All Rights Reserved.