京都大学人文科学研究所

国立大学附置研究所・センター会議 第3部会(人文・社会科学系)シンポジウム「感染症と近代社会—ポスト・パンデミックの人文学にむけて」

2022年10月28日(金)13時より、「国立大学附置研究所・センター会議 第3部会(人文・社会科学系)シンポジウム「感染症と近代社会—ポスト・パンデミックの人文学にむけて」」が開催されます。

日時:

10月28日(金)13:00~16:00

プログラム:

  • 開会挨拶  時任 宣博 京都大学理事・副学長(研究、評価担当)
  • 報告「ワクチン伝来と近世長崎:感染症、蘭学、近代化」
     平岡 隆二  京都大学人文科学研究所 准教授
  • 報告「『公衆』衛生の誕生——近代日本における伝染病とその啓蒙」
     香西 豊子  佛教大学教授
  • 報告「コロナ・パンデミックの歴史的位置——スペイン風邪との比較から」
     藤原 辰史  京都大学人文科学研究所 准教授
  • 総合討論 ディスカッサント 岩城 卓二 京都大学人文科学研究所 副所長
  • 閉会挨拶 稲葉 穣 京都大学人文科学研究所長

参加方法:

本シンポジウムはZoomウェビナーを利用したオンライン配信の形で実施します。 参加ご希望の方は、以下から事前登録をお願いいたします(1,000名まで申込順)。
URL
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_84tckUmAT2iRU_tY7_fYHg
URLが登録メールアドレスに送信されますので、セミナー当日はそのURLにアクセスしてください。
申し込み締切
 令和4年10月24日(月)
10月中旬ごろ当ページにプログラムリーフレットを掲載する予定です。

主催:

国立大学附置研究所・センター会議、京都大学人文科学研究所

お問い合わせ:

京都大学人文科学研究所 総務掛
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
TEL:075-753-6902(月~金 9:00~17:00)
E-mail:annai[AT]zinbun.kyoto-u.ac.jp
(スパムメール防止のため、@マークは画像にしています)

To Top