京都大学人文科学研究所

Baudelaire Symposium 2021-12-18, 19

ボードレール生誕200周年記念 〈時間-生〉芸術の研究──ボードレールとその受容

Baudelaire Symposium 2021-12-18, 19

2021年12月18日(土)/19日(日)、13時より、「ボードレール生誕200周年記念 〈時間-生〉芸術の研究──ボードレールとその受容」が開催されます。

日時:

2021年12月18日(土)13時〜18時55分、19日(日)13時〜17時55分

プログラム:

12月18日(土)

はじめに[13:00-13:15](小倉康寛)

I. ボードレール研究(司会:廣田大地)
 司会者より[13:15-13:20]
 清水まさ志「『人工楽園』における時間と空間」[13:20-14:15]
 廣田大地「タイムマシン・ボードレール」[14:25-15:20]
 佐々木稔「ボードレールにおける『現在の表現』とジャーナリズム」[15:30-16:25]
 小倉康寛「渇きと時間:分裂と『悪の花』のコラージュ」[16:35-17:25]

II. その受容と広がり(司会:坂巻康司)
 司会者より[17:40-17:45]
 鳥山定嗣「ボードレールとヴァレリー:『蛇』をめぐる変奏」[17:45-18:40]

ディスカッション[18:40-18:55]

12月19日(日)

前日のまとめ[13:00-13:10](小倉康寛)

II. その受容と広がり(続き 司会:坂巻康司)
 司会者より[13:10-13:15]
 中畑寛之「ボードレールが終わったところから始める:マラルメの文学的<生>について」
  [13:15-14:10]

III. 哲学、音楽、作家(司会:森本淳生)
 司会者より[14:20-14:25]
 服部敬弘:「瞬間と疲労:初期レヴィナスにおけるボードレール解釈」[14:25-15:20]
 青柳いづみこ「『万物照応』、ドビュッシーとボードレールの時間」[15:30-16:25]
 平野啓一郎「多様性と『生命力の移動』」[16:35-17:30]

ディスカッションとまとめ[17:40-17:55]

会場(対面開催の場合):

京都大学人文科学研究所本館4階 大会議室

参加方法(人数制限、ウェビナーの登録先URLなど):

本シンポジウムは対面とZoomの併用で実施します。

①対面:以下のアドレスまでご芳名を明記のうえ、12月17日までに、ご連絡ください。コロナ対応でスペースを確保するため、定員25名に達し次第、募集を締め切ります。申し込まれていない場合、申し込まれた方を御優先することになりますので、ご承知おきください。
   事務局: 2021.baudelaire@gmail.com

②オンライン:以下のリンクから事前登録をお願いいたします。ご登録いただくと、Zoomから自動で視聴用URLが送付されます。一度のご登録で、18日と19日のいずれもご視聴になれます。
   https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_lUHDSe7nQiiIwNg6rJH-sQ

使用言語(外国語の場合は通訳の有無):

日本語

主催:

京都大学人文科学研究所/全国共同利用・共同研究拠点・課題公募班(若手A班)
 「〈時間−生〉芸術の研究──ボードレールとその受容」(班長:小倉康寛)

お問い合わせ:

京都大学人文科学研究所総務係
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
TEL : 075-753-6902(月〜金 9:00〜17:00)
mail : z-academy@zinbun.kyoto-u.ac.jp

その他:

対面で参加される場合はマスクの着用をお願いいたします。

To Top